新卒が意識したい自己PRでチェックされているポイント

新卒就活ガイド

目次

履歴書の自己PR欄を書く際、特別な資格や経験がない等、記入に困ることはよくあるものです。これが実際の面接となってくると、どのように自己PRすれば良いかより悩みが大きくなるものです。今回は新卒者の面接で、人事の方がどういった点にポイントをおいて自己PRを見ているのか見ていきましょう。

志望動機の明確化は重要

自己PRは企業側がぜひ採用したいと思う手段の1つと言えるでしょう。その為、自分の動機は明確にしましょう。またその企業を選んだ理由も伝えるようにしましょう。

「この会社で働きたい!!」という強い思いで志望理由を伝えるのは重要です。会社に対しどのような貢献ができるかという、具体的なビジョンまでアピールするのも良いでしょう。

面接官が見る自己PR時のポイント

面接官は面接ではいろいろな点を見ております。そこにも気を留めながら、自己PRを同時に行えるように心掛けると良いでしょう。

人柄は伝わる自己PRとなっているか

この場合は、自分の考えが何なのかというのを知ってもらうことも必要になります。「もっと知りたい、一緒に働いてみたい」と興味を持ってもらえると良いでしょう。

会社貢献が期待できる自己PRとなっているか

会社で自分がどのように貢献していけるか、入社した後のイメージが持てるようにしましょう。面接の際に具体的実体験やスキルの活かし方も述べると更に良いでしょう

コミュニケーション力が伝わる自己PRとなっているか

仕事をする上でコミュニケーションとは、どんな時でも切っても切り離せません。面接では質問の意図をちゃんと理解して受け答えできるようにしましょう。そうすることで面接官にコミュニケーション能力をしっかり伝えることができます。

質問への解答は自己PRのチャンスである
面接では自己をPRするばかりではなく、相手からの質問に受け答えをする場合もあります。質問されることに緊張を覚える方も少なくないとは思いますが、質問への的確な解答は、自己PRをする最大のチャンスでもあるのです。

h3>短所があるかを聞く質問

質問に答えた上で、短所の改善策等を具体的に言うことで、「客観視して捉えることができる・課題が発生しても改善案を考えることもできる」等のアピールとなって来るでしょう。

尊敬する人物に関する質問

その方の尊敬できる良い部分を、この先の自分にどう活かしていけるかの展開まで話すことで「向上心を持っていること」がアピールになるでしょう。

この他にも質問には様々なものがあります。

・長所
・部活やサークル
・将来の夢
・得意なこと
・不得意なこと
・自分を動物に例えると
・自分に付けるキャッチコピー

どうでしょう。ありきたりの質問もあれば、の予想すらできないような質問もあります。どのような質問がされた場合であっても自己PRという点で一番大切なことは、自分はどういったことを考える人間か、自身を持って相手に伝えることであるといえます。

まとめ

自己PRをするのがいかに重要なことかと言うのがお分かりになりましたでしょうか? 新卒者がPRすることができるだけでも大切だと認識しておくだけでも、かなりの強みとなります。

これから就職に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。