新卒だからこそ知っておきたい財布の話

新卒就活ガイド

財布って見られていないようで、見られている持ち物です。財布はポケットやバッグの中にしまっていることが多いので、名刺入れとは違って、ビジネスの場面で頻繁に出すことはありませんが、毎日使う大切なものでもあるのですから。新社会人となるこの機会に、社会人にふさわしい財布について考えて見ましょう。

貴重品としてのこだわりを意識した財布選び

財布は貴重品となるものなので、自分に合ったワークスタイルに合わせて決める必要があります。素材にこだわって、色味を抑えたものを選びましょう。カジュアル寄りにならないように、その特徴などをふまえながら渋めの高級感のあるデザインで選んでおくといいです。

服装でも変わる財布選び

男性向けの財布は、服装によっても財布の種類は変わってきます。

ズボンのお尻のポケットにしまうなら、二つ折り財布。ジャケットの内ポケットにしまうなら、長財布(ラウンドファスナー)。とくに男性なら、同僚や取引先など財布を使用するシーンで、一緒にいる方からの見られ方なども重要です。

女性向けですと、男性向け以上に色や素材、デザインのバリエーションが豊富ですが、社会人としては、大人っぽさがあり、落ち着いた印象になるお財布がオススメです。服装や持っているカバンとデザイン的に相性が良いものをそろえましょう。

仕事利用シーンをイメージしよう

財布選びには、どういったシーンで財布を利用するか。といったイメージをしっかり持つことが大切です。

日常的にスーツを着る場合

スーツの内ポケットにしまうことが多いです。長財布だと、支払いも素早くできるので、スマートになります。ただし、お尻のポケットにしまう場合、確実に飛び出してしまうので、スーツを羽織らないことが多いのであれば、二つ折り財布にする方がオススメです。

常にカバンを持っている場合

カバンを持ち歩く方は、お財布もカバンへ入れていることが多いようですので、この場合は二つ折り財布でも、長財布のどちらでも、カバンにしまえるので、自分に合った財布を使いましょう。

カジュアルスタイルの職場でカバンを持たない場合

この場合は二つ折り財布がオススメです。ジャケットも着ない人はポケットにしまうことが多いのではみ出さないものを選びましょう。

仕事とプライベートで財布を使い分ける場合

どちらの財布にもお札を入れておき、小銭入れなどは別途小銭入れを用意しているという人もいます。

よりコンパクトな財布を目指すなら

電子マネーカードやクレジットカードに特化した財布というのも一つの手です。小銭も入れずにすむので、確実にスリムな財布になります

お財布の中も整理も大切

財布は毎日使うものですし、自分のお金が入っている大切な場所です。古くなっていたり、不要なものがいっぱい入っていて、膨らみ過ぎていないかチェックすることも大事です。

整理しやすく、使いやすいことも重要

レシートとなどが乱雑に入ったままですと、見苦しい印象となります。レシートは全て取り出し、大切なのは保存、不必要なレシートや期限切れのサービス券などは処分しましょう。

革財布を長く使うために

革財布は何よりお手入れも重要です。ブライドルレザーやコードバンなど上質な革製品ですと、専用のクリームで正しくお手入れすることで、使い込むほど風合いが経年変化し、10年以上も長持ちします。

一般的な革財布ですと、柔らかい布で拭き、目立つ汚れは革専用クリーナーなどを使用しましょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。