新卒者でも「職務経歴書」は必要になるのでしょうか?

新卒就活ガイド

「職務経歴書」は職歴がなければ何も書くことがありません。しかし、これから就活を始める新卒者に対しても、「職務経歴書」の提出を求める企業もあります。その時に迷ってしまうのが、「職歴なし」と書いた方がいいのか、もしくは「アルバイト」の経験を記載した方がいいのかが問題です。

職務経歴書とは

基本的に「職務経歴書」とは、転職する人が提出する書類の一つです。これは本人が、過去から現在までの職務・職業上の地位、具体的内容を職歴として記載した書面です。

新卒の求人で、提出を指示する企業は少ないでしょう。そのため、本来は新卒の方は「職務経歴書」の提出は必要ないといえます。

職務経歴書を求められる理由

「職務経歴書」の提出要求の理由として、企業側のミスも考えられます。本来なら、新卒ですと職歴がないのはわかっていることなので、提出する必要はないはずです。しかし、新卒者と中途採用の両方を求人に出すケースもありますので、中途採用と同じ文面で出してしまったという事が原因ではないでしょうか。

もし、履歴書と「職務経歴書」の提出の指示が出ているのでしたら、どうした方がいいのか不安になるかもしれません。必要ないと勝手に自己判断せずに、提出を求めた企業の担当者の方へ確認をとることも大事な事です。

企業によっては、在学中のアルバイト歴の確認をしたいなどの理由で「職務経歴書」の提出を求める場合もありますので、まず、どういった理由で「職務経歴書」の提出が必要なのかを知ることです。

採用担当者はココをチェックしています

採用担当者は多くの履歴書や職務経歴書に目を通します。志望動機や就職への意欲、熱意、必要としている人材像と合致するかどうか、応募職種で活かせる強みを簡潔にまとめることです。

応募先の企業が求めている経験やスキルと、自分の持っている強みの共通部分をアピールし、伝えたいことを読みやすいように工夫して記載しましょう。

まとめ

新卒者にとっては基本的に「職務経歴書」の提出はありませんので、履歴書だけでも問題はないと思いますが、自分の憶測だけで検討するのではなく、実際に必要な書類なのかどうかを確認しましょう。必要な場合には、アルバイト経験の内容を記載しましょう。中途採用の求人と混同していないのなら、アルバイト経験を知りたいという可能性があります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。