公務員を目指す学生、新卒者の皆様へ ~あなたも公務員を目指せる!~

新卒就活ガイド

学生の皆さんは、卒業後社会人としてどのような仕事をして生きていくのか、自分の目指している進路はこれで良いのかなどと考え、悩んでいる方は多いことでしょう。今回は、公務員の仕事は自分に向いているのか、試験はどのようなスケジュールで行われるのか、就職活動をしながら公務員試験を受けることは可能なのかなど、不安に感じる点を説明していきます。

進路

一般企業か公務員かで進路を迷っている方もいると思います。企業であれば、その会社のことを調べる方法はたくさんありますが、いざ公務員を目指そうと思ってもどんな職種があってどんな試験の方法があるのか初めはわからないことが多いと思います。

公務員とは

社会のため、国民のために働く職業です。営利を目的とせず経費をできる限り抑えながら、社会の幸せを考えて働きます。経済の動向に左右されることなく、安定した雇用と収入が保証されており、福利厚生も充実しているので公務員を目指す学生は増えています。

公務員の職種

「国家公務員」と「地方公務員」の二つに分かれています。

【国家公務員】・・・司法、立法、行政という国全体を支える機関で働き、一般職(給与法適用職員、検察官など)と特別職(裁判官、裁判所職員、防衛省)があります。

【地方公務員】・・・都道府県、市区町村の地方自治体としてその地域に密着した行政サービスを行います。都道府県の一般職(庁の職員、警察、消防など)と特別職(地方議会議員など)、市区町村の一般職(役所、役場の職員など)と特別職(議会議員など)に分けられています。

公務員に向いているのはこんな人

目指している職業は自分に向いているのか、適性はあるのかどうか、やりがいを持って働くためにもしっかりと確認する必要があります。公務員は、国・地域のすべての人々が安全で幸せに生活ができるよう、人のため社会のために働きます。人のために動ける心の力と、責任感が必要です。
雇用も給料も安定していることから、公務員を目指す人は多いです。安定しているからこそ、安心して業務を全うすることができますが、自分の業績が給料に影響することはありません。これを安定していると捉えることもできますが、バリバリ働いて評価をされたい、自分の仕事を認めてもらいたいという方にとっては、公務員ではなく企業に就職して働くことの方がやりがいを感じやすいかもしれません。

公務員試験について

公務員試験は、国籍と年齢の要件に該当する者であれば受験することができます。国家公務員と地方公務員を併願して受験することも可能です。

公務員試験の流れは一般的に、一次試験(教養択一、専門択一、論文、専門記述試験)、二次試験(面接、集団討論)、採用面接を経て内定します。

合格・内定に向けて計画的な準備を

試験の日程は年度によって異なりますが、早いものは4月から試験が始まります。公務員試験の一次試験は科目がとても多いので、早めに試験対策をすることが望ましいです。自分の目指している職種の応募期間と試験日程をチェックし、試験対策をいつから始めたら良いか計画を立てましょう。

公務員試験と並行して、就職活動をする学生もいます。確実に職をつかむためにはとても良い方法ですが、希望する公務員試験と企業の採用試験・面接の日程が重なっていないか、対策は十分にできるのかなど、細かいスケジュール管理と計画性が重要になってきます。自分の力を発揮できるよう、悔いのないよう自分に合った計画を立てましょう。

まとめ

自分がどのような職種に向いているのかを考えることは重要です。公務員を目指そうと決めるならば、公務員として働く責任感を意識しながら、計画的に受験に向けて行動をしましょう。社会人としての第一歩を幸せに迎えるためにも、試験対策、就職活動も最後まで気を引き締めて頑張ってください!

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。