新卒者はこれで勝負~内定の為の履歴書・志望動機の書き方~

新卒就活ガイド

学生時代がそろそろ終わりを迎え、就職活動に入る時期だと思いますが、中々内定が決まらず頭を悩ませている新卒者は多くいる方と思います。そういう場合は、大抵が履歴書やエントリーシートの文章が面接官の目に届かない場合が多いです。内定の為に面接官に印象付ける履歴書やエントリーシートの書き方、書いてはいけないことを中心に見ていきましょう。

ズバリ!!面接官はここを見ている

面接官、担当者の気持ちで履歴書やエントリーシートを書いてみましょう。数多くの履歴書やエントリーシートに目を通す面接官です。より面接官に印象を与える為に自分なりの履歴書で差をつけてみましょう。といっても難しく思えるかもしれせん。
企業に対する志望動機の視点を何パターンか考えておいて見てください。

まずは複数のパターンの志望動機を下書きして、シミュレーションをおこないましょう。このシミュレーションは繰り返すことにより、次第に具体性をもつようになります。企業への仕事や業務のビジョン、またはキャリア形成を築いていく上での強いアピール武器にもなります。

大切なのは意欲を見せること、自分なりにその企業を分析しましょう。求人広告の内容や企業HPを理解して自分なりの意欲を上手く面接官の前でアピールしましょう。
意欲を長くなくシンプルに丁寧に面接官に伝えることで、面接官の考え方も捉え方も興味をもってくれるようになります。

志願動機で書いてはいけないNGワード

基本的なことですが、志望動機に給与関係、休日や残業、有給などは書かないようにしましょう。本音として聞きたい部分はあると思いますが、この手のことに関して履歴書に書くのはNGです。志望動機はあくまでも、業務内容や意欲や意気込みを全面にだしたものにまとめましょう。

また、面接官の第一印象は履歴書から入ってくるものです。質問等がある場合は履歴書をもとにした質問を上手くしてみましょう。この際の注意点としましては、意気込みのあまりガツガツ質問を繰り返してしまうことです。やみくもに質問をすると、かえってマイナス印象を与えてしまいます。質問に関することは事前にリストを作っておきましょう。

まとめ

面接官の印象に残る履歴書やエントリーシートは、人の真似をするのではなく自分で独自に調べた知識を活かし、個性的なものを作成するように心がけましょう。面接の前に何度もシミュレーションすれば、具体性が見えてくるようになります。志望動機はシンプルにまとめ、意欲を言葉にして面接時に出すことで面接官の印象に残る努力をしましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。