人材業界への就職! ~自己PR・考えるべきこと~

新卒就活ガイド

人材企業のみならず企業に就職したい人にとって、自己PRは避けては通れません。自己PRで必要となるのが、「他己分析」や「業界・企業研究」をすることです。客観的に自分や希望する企業を見ることはとても大切です。

自己PRの基本

自己PRを考えるとき、自分についてどんな人間か?何が強みで何が弱みか?自己分析をもとに考えていくと思います。もちろん、自己分析は大事です。しかし、主観的な「自己分析」だけでなく「他己分析」をすることで、客観的な分析ができるため、より説得力がある内容になるでしょう

「他己分析」

「他己分析」とは、他の人に自分の事を聞いて分析する事です。自分に対する質問に答えてもらい自分の特徴を導き出す方法です。長所や短所は自己分析でも出てきますが、「第一印象」は自分では知ることができません。心理学では、第一印象でその人の評価がほぼ決まると言われているため、第一印象を自分で把握して面接などに備える事は大切なことです。

「他己分析」の良い点

〇「長所と短所」
自分で思っている「長所と短所」が、実は違っていたりすることがあります。また、自分で 気がつかなかった「長所と短所」を他の人に聞くことで、気がつくこともあります。

〇「評価」
自分と他の人の評価の違いがわかります。他の人からすると、「あなたの強みはこれだ」と 言われて、自分の評価とのズレが出来てきた場合は、自分の事をきちんと分かっていな  いのかもしれません。周囲からの客観的な視点を知ることが重要です。

「他己分析」の方法

〇「依頼する人」
一般的には、家族や友達など近しい人に依頼するのが多いと思います。しかし、「他己分析」は知りあってまだ間もない人(交流が浅い人)を選びましょう。理由としては、面接官は初対面であることがほとんどです。そのため初対面の人にどのような評価をされるのか、どのような第一印象を与えるのかを知ることができるからです。

〇「質問」
「他己分析」では、答えをいかに詳細に引き出すかが重要です。なぜそう思ったのか?を繰り返し聞くことで深堀することができます。質問は具体的に用意する必要があります。

例えば
●第一印象は?
●第一印象とのギャップは?
●長所と短所
●性格について
●向いている業界や職種
●気になるしぐさ
●改めたほうがよいところ
●伸ばしたほうがよりところ
●自分とのエピソード
など

なるべく10人以上の人に依頼する事をお勧めします。少人数の場合、見方が偏ってしまうことも考えられます。たくさんの人に聞くことで、平均を取ることができますし特徴を捉えやすくなります。

業界・企業研究

自己PRも必要ですが、さらにもう1つ。業界や企業研究は就職活動において、重要な作業の1つです。希望する業界や企業の特徴を理解することで、そこで自分ができることを考えることができます。企業と自分との相性の良さをアピールするためには、この志望企業の研究は不可欠です。

人材業界へのアピール

人材業界は就活生にも人気のある業界です。仕事への意欲をただただアピールするより、人材業界で求められる人材を知り、自分の能力がいかに業界で活用できると考えているかを、伝えることは重要な自己PRとなるでしょう。

まとめ

主観と客観を交えた自己・他己分析を、希望する企業が求める人材像と合わせることで、適格なアピールに繋がるはずです。業界への理解を深め、志望動機を具体的に示して自分の特徴と強みを出して「自己PR」を効果的に生かしてきましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。