新卒者の就職活動 ~面接で受ける逆質問~

新卒就活ガイド

過去、バイトの面接などで逆質問をされた経験はありますか?企業の面接官側は、あなたの情報を収集するため、いろいろな質問をしてきます。そのなかで、面接官からの逆質問として「質問はないですか?」と聞かれることがあります。それはなぜなのでしょうか。

逆質問の意図

面接での逆質問は、企業側の意図的な対策とされており、質問を通して新卒者の「志望動機」・「志望度」・「企業理解」をできるだけ詳しく確認しているわけです。

そのため、逆質問に対して「特にありません」などといった返事をされると、「自社には興味がない」「志望度が低いと」判断される可能性があります。質問は控えるのではなく、するべきだと考える人も多いようです。

逆質問のマナー

企業側へ質問をする際には、失礼のないようにマナーを守り、印象が悪くならないような質問を心がけましょう。自分が分からない内容を何でも聞けると思ってはいけません。質問の質を考えましょう。

例えば、事前に調べられる企業情報についての質問はやめましょう。ホームページ、求人情報などで簡単に分かることも知らないということは、企業情報収集もなく適当にしか把握されていないように見えます。希望する会社がどんな企業なのかも分からない人だと思われると、マイナスになってしまいます。

そのため、面接前にはできるだけの情報収集をして、企業や業界全体を理解しておくべきでしょう。

また、面接官が事前に説明をした内容に関する質問なども気を付けましょう。話をちゃんと聞いていればわかっているような質問をすることも避けて下さい。このような行為は、悪いイメージを与えてしまうため、折角の逆質問もマイナスへと働いてしまいます。

そして、企業や仕事内容についてのことは一切触れずに、個人的に気になる「給与、休日、残業時間、有給などの手当て」などの質問をするのもよくありません。これらもある程度は、事前に調べることが可能です。

アピールのチャンスを活用

逆質問は少々緊張してしまう場でもありますが、チャンスでもあります。この機会を静かに終わらせては勿体ないと思ったほうがよいでしょう。自分を面接官にどんどんアピールしていくことで面接官への好印象、企業への志望度の高さを与えることが大切です。

まとめ

新卒の方は、就活で多くの企業を巡り歩き「面接」を受けると思います。就活で勝負の場、「面接」では、上記であげたような企業側の意図的な対策が考えられています。それに対し、しっかりと質問して好印象を与えられるよう対策を立てて挑みましょう。
これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。