新卒者なら知っておきたい ~就活のネクタイとは~

新卒就活ガイド

新卒者でしたら就職活動の場、例えば大切な面接の時にネクタイは自分を表現するアイテムとして大切になってきます。誰でも面接などではプレッシャーや緊張があります。緊張でこわばった表情を、しっかりした顔に見せるのもネクタイの役割の一つです。
新卒者へむけて面接でのネクタイ特集を紹介しましょう。

気持ちをアピール

今では様々な柄、変わったデザインやワンポイントのあるものと、幅広い種類のネクタイが販売されています。面接の際は自分に合ったものでアピールし、内定をつかみ取りましょう。

〇落ち着いた色で好印象
青または紺色は日本人に好まれると言われています。実際に着用している方は多くいますよね。青、紺色は元気の良さやフレッシュなどのイメージを与える効果があり、相手がマイナスの印象を持つことはまずないです。

また青、紺色に「レジメンタル」を施したものも、面接では好印象と言われています。この「レジメンタル」ですが、ストライプの線が右から左に下がって、カタカナの「ノ」のようになっているような柄です。青や紺色でしたら白の線がオススメで、オレンジや暖色系の色は派手に見えてしまうので、その点は注意しましょう。比較的よく見られる柄といえるでしょう。

〇熱く情熱的に見せるならエンジ
エンジは、濃い紅(赤)色なので情熱的な印象を相手に与えることができます。エンジは心理学的な観点からもやる気を起こさせる色として、面接などの勝負所においてエンジで挑む人もいるほどです。

ただ面接の際にはエンジだけでは少し派手な印象があるので、ワンポイントとしてエンジがある物か、「レジメンタル」や「ストライプ」などを施したもの方が馴染みやすいでしょう。

逆にやってはいけないネクタイ選びは?

個性と思い印象を重視し、失敗するパターンもあります。特に派手な色で面接に望むのはNGです。例えばピンク色は一見明るく見えますが、日本のビジネスの現場ではあまり好まれてはいません。

紺色がいいのなら黒色も大丈夫そうですが、黒は冠婚葬祭用ですので黒や白1色のネクタイは使用NGです。ブランド物もあまりおすすめできません。

まとめ

新卒者としてのネクタイ選びを特集しましたがいかがでしたか。
グレーや水色、黄色などのカラーもおすすめです。特に黄色などは明るい色なので、表情を明るくみせます。色に特徴があって取り入れるには難しそうですが、薄めの黄色にチェック柄のネクタイは違和感なく使用できるはずです。面接に挑む際は自分にあったネクタイで面接へと望みましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。