新卒学生が押さえるべき志望動機の活かし方

新卒就活ガイド

就職に対して夢や希望を持って、目指す企業へ就職したいと誰もが思っています。自分なりに就職活動を頑張っている事でしょう。いくら自分自身が努力しても、それが企業側へ伝わるとは限らないのが現実なのです。自分本位も大切ですが、企業側の面接官が求める事も、把握できればと考えます。

企業の採用担当はどう考えるか

自分自身の積極性アピールも、勿論必要不可欠です。しかし、企業の採用担当は面接書類とあなたの受け答えによって、あなた自身の性格や将来性を推し量るしかできないのです。 つまり、逆に言えば、採用担当者の求めている回答を用意する事ができれば、採用に大きく近づけるかもしれません。では、企業の採用担当が求める「有効なアピールポイント」とは、何でしょうか。

何故この会社なのか

あなたがやりたい事や目指す職種は、同業他社として他にも存在するわけです。では、他の会社と比較して、何故この会社を選択したのでしょうか。その答えは、どの会社に向けてもあてはまる様な回答ではなく、オリジナルな答えを求めています。

特にその会社の特徴や、独自性を強調する事ができればベストです。たとえ、同業他社への面接があったとしても、自分自身を発揮できる会社の魅力をアピールすべきなのです。

入社後のビジョン

具体的に、その会社でやりたい事や企画や開発、営業などにおける将来的な自分の在り方を、どうなっていたいかなど詳しく説明して、単なる夢物語では終わらない事を賛同できるように売り込む事です。

会社のセールスポイントをプッシュする

採用担当者は多くの新卒学生の中から、あなたを選ぶのですから、いかに我が社の事を理解しているのかが重要です。むしろ当然の課題と言えます。「この会社だから入社したい」と言う強い意志が、採用担当者に伝わる事は必須なのです。

採用者が心を動かすような、会社に関する具体性のある実態について意見や企画性のある発言は、プラスポイントになってくるはずです。ただし、面接官もいろいろなタイプがいるので、会社に対する意見に対して前もって発言の許可を求めるべきです。短い時間でプレゼンできれば、大きな評価を得られます。

志望動機の書き方の例

志望動機には、論理的な説明が求められます。

1.志望動機を書きます。志望する業種に対してきっかけを記載します。
2.その企業を選んだ理由。その会社の業務内容や企業理念について盛り込みます。
3.入社後の目標について。何をしたいのか、将来の目標について記載します。
4.志望した根拠について。この業界を志したきっかけの具体例を書きます。
5.自己PRを紹介。自分自身や企業に対してのアピールポイントを述べます。

まとめ

新卒学生が押さえるべき志望動機は、他のサイトでも紹介しているように、大きな違いは、ありませんが、自分自身をアピールする事には差がつくものです。自分の熱意を、どのように表現できるかにかかってきます。自分が目指す企業を徹底的にリサーチして万全を期する事なのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。