新卒者の就活面接の流れ「内定への道へ」

新卒就活ガイド

筆記試験を合格し、いよいよ「面接試験」で「内定」なのかどうかが決まります。それにむけて新卒者が「面接」にむけてやるべき準備とはなんでしょうか? 今回は「面接」におけるマナーや一連の流れを事前に知ることで、対策として落ち着いた状態で「面接」へと挑む方法を紹介!!

面接におけるマナーと流れ

就活面接で気をつけておきたい点や、流れに沿って「面接」受ける前と「面接時」のマナーを下記にて詳しくご紹介しましょう。

「受付」でのマナー

会場には時間に余裕を持ち、早めに到着するのが良いでしょう。しかし、早すぎた場合などは近隣で時間をつぶすのが得策です。受付と入館をした際は「学校名」と「氏名」を告げ、要件を手短に伝えます。

「待機中」でのマナー

携帯電話の電源は切るのが望ましいですが、バイブレータをオフにするか、マナーモードにしておきましょう。「待機中」は姿勢をただすように心掛けましょう。「受付」からすでに「面接」は始まっています。「待機中」も「面接」だと考える気持ちが大切です。

「入室」でのマナー

「どうぞお入りください」と言われたら、扉を開ける際ノックをゆっくりと行い入室し、扉の方に身体の向きを直し、静かに閉めます。

その後、向きを面接担当者に直したら「失礼します」と扉の前で一礼し椅子に移動します。
椅子の左か後ろに立って大学名と、名前を言い「よろしくお願いします」と一礼を忘れずにしましょう。

「おかけください」と面接担当者に進められてから「はい、失礼します」と答えて着席します。緊張とプレッシャーは誰にでもあることですが、この「入室」でのマナーは面接官の第一印象ともなる大事な場面になります。緊張緩和のためにも、何度もシミュレーション練習を行っておきましょう。

「面接」でのマナー

鞄を足元において男性は手を丸めた状態で、女性はひざの上に手を重ねて姿勢を正し、目は面接担当者を見ながら自然に笑顔で、質問等に応答しましょう。

「退室」

本日は「ありがとうございました」と着席したまま一度一礼し、面接が終わったら椅子の横に起立し「ありがとうございました」と再度、一礼を忘れずにしましょう。面接担当者の方にドアの手前で向き直り最後に一礼をして退出します。

この「受付」から「退出」までが一連の流れとなりますので、練習を何度も行うことで気持ちに余裕が出てきます。決して焦らずに、常に冷静な判断で望みましょう。

面接担当者が見ている部分は

面接担当者の質問では、「過去の経験」新卒者の「能力と性格」が自社とマッチしているか「志望動機」などは今では一般的な質問事項になっています。また自社に対しての将来的なビジョンをしっかりと持っているか、自社に対してしてどこまで調べて理解しているか重要となってきます。

「面接」では、あらゆる質問に答えられるように準備しておきましょう。

まとめ

「受付」から「退出」までが「面接」と思い、望みましょう。何度も練習することで緊張とプレッシャーを和らげることは可能です。面接担当者などの質問はすべて回答できるように事前にどんな質問がきても臨機応変に返せるようにしておきましょう。笑顔でしっかりと質問に答えたら、「内定への道」は近づいてきます。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。