これから新卒が優遇されなくなる4つの理由

新卒就活ガイド

新卒で入社することは日本では優遇されていますが、これも10年経過すると優遇されなくなり、即戦力メインで採用されるようになると言われています。それは何故なのでしょうか。4つの理由があります。今回はそれらについてまとめてみました。

新卒者が優遇されなくなる理由 BEST4

1.海外では即戦力が求められるため
現在の日本の働き方は海外に近づいています。企業はより優秀である人材を採用しようとするでしょう。それによって、新卒採用のマーケットは縮小し、新卒者が優遇されることが減ることが考えられます。そのため、採用されるのにスキルを磨いたり経験を積んだり即戦力が大切となってきます。

海外の企業では、新人を1から育てるという文化がほとんどないため、もともとスキルがある人材を就職希望者の中から選抜するというのが一般的です。人材の質にもこだわりができており、大切な点や注意すべき欠点を取り上げ、そこから厳選な採用が進んでいます。

競争率も高くなりつつあるので、就職を目指していくのであれば、徹底的に業界の研究をして理解を深めることで選考を勝ち取りましょう。

2.採用するのに、これからは即戦力の時代
これから即戦力メインになるメリットについて話します。

経営者やマネージメントがキチンとしていれば、新卒社員でなくても契約社員やアルバイトで問題ありません。契約社員やアルバイトで、会社の成長に役立つような人材がいれば、即戦力で正社員になれます。

3.新卒を採用するために費用が掛かる
新卒を採用するためにはたくさんの費用が掛かります。

・会社案内のパンフレット制作費
・求人サイトの広告費
・会社説明会の会場費
・会社説明会から面接の人件費

新卒を1人採用するのにかかる費用はおおよそ50万円以上です。果たしてここまで新卒にこだわる必要性はあるのか、疑問に思うところです。学歴にこだわらずアルバイトや契約社員を雇い、即戦力になる人材を正社員雇用すれば、上記費用を大幅にカットできますよね。

4.SNSなどのインターネットの普及により、会社の評判を共有できる
現代の学生は、スマホが普及されていることもあり良いことも悪いこともすぐにSNSで共有することができます。例えば、給料や残業への不満など新卒や企業ではどうなのか気になるところでしょう。このように、才能や人物にふさわしい地位・境遇を得ていなければ、より評判の良い企業に転職を考えます。

まとめ

これまでの日本は、新卒が優遇されてきましたが今後国際化のため新卒が優遇されなくなり、即戦力メインでの採用が多くなります。学生時代にスキルや経験をたくさん積むことで会社への即戦力となることが採用への近道です。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。