新卒の期間を認識して就職に挑む

新卒就活ガイド

大学や専門学校を卒業する時点での段階は新卒になりますが、厳密にいえばどこで線引きしておけばよいのでしょうか?求人募集のサイトなどを見ているとき、書かれている「新卒」とは学校を卒業してからいつまでの期間のことを言うのでしょうか。

新卒の意味

学校を卒業する前という意味では正しいのですが、補足をするのであれば卒業した後も該当します。学生の多くは仕事経験においてアルバイト程度で、正社員としては未経験であることから、多くの企業ではキャリアは一切関係なく、門戸が広がっているという観点でとらえているのが現状です。

卒業後は既卒者になってしまいますが、厚生労働省の指導により既卒でも3年以内であれば新卒として扱われるようになっているのです。

新卒期間を延長した理由

昔は景気が良くどの企業も人手が足りないという理由で求人募集に力を注ぎました。しかし、不況へと突入した後はそれを取りやめる代わりに現存戦力を温存するというやり方に代わり、新卒の方にとっては厳しい就職戦線へとシフトしました。正規社員として働くというよりは、派遣会社に登録するという方式が当たり前の時代となったわけです。

そこで政府は、2012年から既卒者については卒業後約3年以内を新卒扱いするという特例(青少年雇用機会確保指針の改訂)を設けました。それによって、浪人や留年をした場合でも同じ扱いが適用されるというルールへと改め、積極的に採用をした場合には奨励金を設け、企業に対し雇用率の向上に力を入れることになりました。

新卒者のメリット

多くの企業が積極的に新卒者を採用しています。新たな新卒者の枠が3年間も延長されたので、積極的な就職活動と資格などのスキルアップをはかる事で、現役世代に比べても見劣らない事をアピールできる期間と捉えて、就職の為の努力を惜しまない事が必要なのです。3年間の期間にあぐらを欠いていてはむしろデメリットとなりかねないから注意が必要です。

まとめ

新卒までの期間は学校に在学している間という時代から、卒業後も一定の期間までも適用される時代となりました。多くの企業が卒業後3年以内の既卒者を「新卒」として採用するようになったのです。この「新卒」がすぎると、それまでに何をやってきたのか、就職活動をしたが採用されなかったのか、就職活動そのものをしてこなかったのか、などいろいろなイメージを与えてしまうことにもなりかねません。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。