新卒の方にお勧め手帳の選び方・使い方

新卒就活ガイド

社会人になる前に準備しておきたいアイテムの一つに、手帳があげられます。これまでは、デザインで選んだり使いやすさで変えたりとして方も これを機会に仕事に役立つ手帳を選んでみてはいかがでしょうか。新卒の方にお勧めの選び方と使い方を紹介していきましょう。

まずは選び方

仕事で使う手帳は日々使うものです。自分のライフスタイルに適した物を選びましょう。

①使い方で選ぶ
手帳にはシステムタイプと綴じタイプがあります。

〇「リフィルタイプ」=自分の必要なものだけを取り入れたいのなら、システム手帳が適しています。バインダーに必要なリフィルを挟んで使用するタイプなので、ページの入れ替えやいらないページを外して使用できます。

〇「綴じタイプ」=年間スケジュール・日々のスケジュール・アドレス・メモなどが1冊に 入っているためリフィルに迷いません。日付入りで1年で使い切るタイプがほとんどです。
内容もいろいろな種類があるので、中身を確認してから選んで下さい。

②レイアウトで選ぶ
管理したいものを重視して選びます。

〇「デイリータイプ」=1ページに1日分のスケジュールを記入できる
〇「週間バーチカルタイプ」=見開きの1週間に時間軸がはいる
〇「週間レフトタイプ」=見開きの右のページはメモと余白、左ページは1週間のレイアウト
〇「マンスリータイプ」=見開きに1カ月のカレンダーが入っている

③サイズで選ぶ
サイズを選ぶ際は、持ち運びのしやすさと書き込みやすさで選びます。

〇持ち運びを重視するなら=「A6サイズ」文庫本ぐらいの大きさなのでポケットにも入ります。しかし、サイズが小さいため書きにくいのが難点です。必要最低限の情報を書ければよいという方には最適です。

〇沢山書き込みたい=「B5・A4サイズ」ノートや書類などの大きさになります。書き込みが多い方などに最適です。情報が見やすく整理しやすくなりますが、持ち運びには不向きです。営業などで持ち歩く方よりもデスクワークの方に向いています。

〇どちらも重視=「B6サイズ」1番ポピュラーなタイプです。書きやすさと持ち運びにも便利で種類が豊富です。

使い方あれこれ

手帳の使い方は、だいたい4つに分けらます。

〇スケジュール管理
〇タスク管理
〇ライフ
〇目標の達成

この4つをメインに分けて書いていくと、使いやすく整理しやすい手帳になります。あくまで、自分の使いやすさが重要です。そして、手帳を使う時のポイントとしてあげられる書き方と使い方として

・新しい予定やタスクが出来たら、すぐに書き込む
・急いでいるときや走り書きをする時などに使えるメモ欄を用意しておく
・変更の履歴を残すために、取り消し線を引く
・仮の予定は、付箋を使いその日に貼っておく。予定が決まったら書き込む
・Todoリストを書く
・重要度で色分けをして目立つように書く
・仕事とプライベートを色分けして、書くスペースを別にする
・スペースが限られている手帳は記号を使う
・予定が繰り返しある場合は記号で省略

まとめ

手帳の選び方と使い方を紹介してきましたが、一番大切なのは自分が使いやすいかどうかになります。これを参考に自分なりの手帳をカスタマイズしていって下さい。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。