新卒での工場勤務は、むしろ好都合です!

新卒就活ガイド

新卒で会社勤めになった場合でも、工場に配置される場合があります。出来れば内勤を希望したいと思っている人がほとんどでしょう。しかし、製造業の場合は工場や主力となる製品が会社を支えているのです。新卒といえども、今後の会社の主力となる部署として工場の経験は必要なのです。

工場勤務が必要な理由

会社が利益を生む方法としては、商品やサービスを中心として販売や提供する仕組みなどによって、営利を生む事になります。日本でのモノ作りは、世界でも高い評価を受けているのです。新卒といえども、希望した部署ではないにしても工場を経験する事は、会社の核となる商品の内容や製造に詳しくなります。

そして、今後の営業や経営にたずさわる事になったときに、自分達の主力商品を理解出来ている事が最大の強みになってくるのです。

主力製品のアピール

広報にしても自社の製品をアピールするには、必要な情報を確保しておく必要があるのです。会社内外に主力商品を紹介する知識を得る事が出来ます。営業の担当者は、自分達が売り込む商品の製造過程を理解しておく事で、知識だけでなく営業担当としての信用度を増す事にもなります。

将来を見通す戦力

経営戦略を担当する場合には、企業内だけでなく工場における実情を把握していなければ、説明力にかけてしまい経営方針の賛同を得る為の情報力に乏しくなってしまいます。このように工場勤務を経験する事は、今でなくとも必ず将来的に役立てる事が出来るのです。

内勤も工場勤務も人材がかなめ

工場勤務だからと言ってあまく考えていていては、経営力や指導力に疑問を持たれてしまいます。工場も内勤も、基本となる部分は同じと言えます。商品開発や営業戦略は、それぞれが協力して成しえる事なのです。

例えば、工場の製造業務を担当した場合には、この商品を作るにあたってこれでいいのか、あるいは、ここを改良した方が良いのではないかとか、作業する事だけを考えていてはこの工場の未来はどうなるでしょうか。工場にいながらも、積極的に企画や商品開発、若しくは経営方針にまで考えるチャンスがあるのです。

新卒は与えられた環境を糧とする

新入社員が、希望の職場や部署に配置される可能性は少ないと言えます。しかし、現状であまんじていては、将来性があると言えるのでしょうか。今ある環境を経験と想像力で、会社の為に、常に将来の事を考えておくべきです。今の環境や部署では能力や出世が閉ざされる感じる人は、平凡以下の考え方と言えます。

仕事の出来る人はどこにいようと、結果を残す事や可能性を信じて努力するのです。工場勤務だからと言って嘆くのは、大きな勘違いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

新卒での工場勤務は、内勤に比べると出遅れた気持ちになるかもしれませんが、経験を生かすにはむしろ好都合なのです。実力は経験や情報力の蓄積によって、大きく変わるものなのです。この経験が、将来の糧となる事を期待しています。

これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。