新卒の学生から社会人へ ~新天地への引っ越しはいつから?!~

新卒就活ガイド

学校を卒業して新社会人生活をスタートするにあたり、引越しをする人が多くなります。引っ越しの準備・荷造り・必要な手続きなど、やることがたくさんあります。今回は、新卒の学生さんが社会人になって、引っ越しをする場合の時期・タイミングを調べていきましょう。

いつから探す? 期間は?必要なものは?

新社会人として安心して仕事をするためにも、住む場所は気に入ったところを選びたいものです。「引っ越しの準備はいつから始めたらいいのか?」など、引っ越しの前後に必要なことには何があるのか見ていきましょう。

引っ越し先はいつから探せばいいか?

新卒社会人のお仕事のスタートの多くは4月1日からですので、当然その前に引っ越しを終えている必要があります。3月に引っ越すのであれば、部屋探しは入居の1ヵ月~2ヵ月前が良く、あまり早すぎると良い部屋を見つけても、入居まで家賃を払わずにキープしておくことができないことがあるため、入居時期まで家賃を払うことになったときに不経済です。

実際に部屋探しには何日くらい必要?

現地での部屋探しは1日で足りますが、万一を考えて2日間は取って、事前にネットで物件を良く調べてから行くとよいでしょう。

不動産会社2~3社に連絡して希望に合う物件の情報を送ってもらい、数件に絞り込んで内見の予約を入れておくと、効率的に部屋を探すことができます。事前に不動産会社に連絡を入れて、希望を伝えておくことが大事です。

引っ越しまでに何を準備しておけばいい?

部屋が決まっていなくても、引っ越しの予約を取る方法もあります。3月のシーズンは引っ越しの予約が混んでいることがあるためです。

大手の引っ越し業者は2ヵ月前から予約を受け付けていますので、部屋がきまり引っ越しの日取りが決まれば正式な見積もりも取れますので、複数の業者から概算見積もりを取って比較して検討し、引っ越しは余裕を持って準備と業者を決めておきましょう。

引っ越しの前後にやることは、以下の通りです。
〇引っ越し前
・現在住んでいる地域の役所に転出届を提出して、転出証明書を貰う。
・郵便局へ転出届を出す。

〇引っ越し後
・新たに住む場所の役所に転入届を提出。
・運転免許証の住所変更。
・インターネットプロバイダの引越し手続き。
・電気 / 水道 / ガスの引越し手続き。
・銀行や携帯電話などの住所変更手続き。

特に、運転免許証は本人確認のために必要ですので、手続きを早めにしておきましょう。

まとめ

新卒の学生さんの就職に伴う引っ越しはいつ頃が良いのか、引越しの時期や期間、準備するものなどを把握して、入社前に新社会人としてスムーズなスタートが出来る様に準備をしましょう。

就職活動に挑む新卒の皆さん、当方では新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。