新卒で入社する正社員のメリット

新卒就活ガイド

働き方には正社員以外にも、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトといろいろあります。新卒で正社員として入社した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。今回は、正社員での企業へ入社するメリットについてみていきましょう。

こんなにある正社員のメリット

正社員と契約社員では仕事の内容はほぼ同じですが、責任の範囲や仕事に対する裁量、責任感は違ってきます。正社員で採用されるということは、会社にとって将来活躍してくれることを嘱望されています。

長期的には、会社のために貢献して重要な仕事を任せられる人材になって欲しいと期待しています。ですから仕事をしていく上で、重要な責任を伴うのはいたしかたがないことです。しかし、メリットもたくさんあります。下記でみていきましょう。

【メリット1】正社員は一定の収入(毎月の給与)が保障されています。
正社員は、毎月の給与の他に賞与(ボーナス)、退職金やさまざまな手当などがあります。また、昇給や会社によっては成果報奨金制度(インセンティブ)などがあります。

【メリット2】社会保障や福利厚生がしっかりしています。
厚生年金や健康保険などの社会保障制度の加入はもちろんのこと、会社が社員に対して提供する福利厚生は会社によっては違いがあります。

例えば、保養施設の使用提供、社員旅行、社員寮、住宅手当、交通費、定期健康診断、スキルアップ研修講座、資格取得費用の一部や全額補助などがあります。

【メリット3】社会的信用が高くなります。
正社員は年収が安定していることから信用度があり、クレジットカード審査が通りやすく、家や車などの銀行ローンを組む際にも比較的、容易におこなうことが可能です。

【メリット4】転職の際、履歴書に書くことで就職が有利になることがあります。
転職の際、履歴書の職歴欄に正社員とかかれていることで会社の知名度にもよりますが、正社員で働いていたということで評価されることがあります。例えば、責任感のある部署にいた、役職やプロジェクトリーダーなどの経験がある、などです。

【メリット5】雇用期間の定めがなく長期で働くことができます。
正社員で採用されることで雇用が安定します。よほどの事情や会社の倒産などがない限りは、解雇される心配はありません。しかし、経営不振による転勤や異動も考慮しておくことが必要です。

上記でみると正社員はメリットが多く、とても優遇されていることがわかります。

まとめ

働き方改革が進んで、働き方の形態が変化してきました。非正規雇用の契約社員、派遣社員などの一方で、正規雇用の正社員には安定雇用やいろいろな福利厚生の充実などといった特典がいっぱいあります。正社員として入社した際には、そのメリットを最大限に活用することができます。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。