新卒の就活生における一人暮らしの費用の目安

新卒就活ガイド

就職も決まって、新たなる環境においての生活を想定して、一人暮らしの費用を考えるのは、部屋探しや生活費の目途をたてなければなりません。その為には、新卒における平均的な手取りの収入から考慮して、部屋を決めたり生活費を決めたり出来るのです。新卒の就活生における一人暮らしの費用の目安を調べていきましょう。

2020年に基準となる手取り収入

令和元年の新卒に対する平均的な収入を知る事で、会社から引かれる色々な控除について把握して、自分が一体どのくらいの手取りになるかを知る事が、今後の生活するレベルやスタイルを決定づける参考に出来るのです。

令和元年=2019年の平均収入から、2020年の計算をする方が無難な目安を導き出します。また、収入と手取りは異なっており、会社が社員における税務署に納めるべき税金や社会保険料などが、天引きされる事で、実際に手元に残る金額は、数万円の差額がでるのです。令和元年の新卒の平均的な収入「21万200円」を基準にして、手取りの額を求めていきます。

①.初任給から天引きされる項目
〇雇用保険料は、退職した場合の手当てをもらう為や育児、介護休業中の給付および職業訓練などの為に利用される保険です。およそ給料の0.3%が支払いに充てられます。

〇所得税や住民税は、収入のある国民の全員が負担すべき税金で、年間の支払いを想定して月々天引きされています。課税所得の税率が5~45%で決定します。

②.2回目の給料から差し引かれる項目
〇健康保険料は、病気やケガの治療や入院の為に徴収される費用で、これに加入する事で費用の負担割が安くなるのです。給与に対する約4.985%になっています。

〇厚生年金保険料は、20歳から60又は65才までの期間に納める事で、退職後の60才以降に月々に一定の給付額が支給されて、老後の生活に役立てます。給料の約8.914%の支払いをしています。

全ての差し引かれる金額を計算した場合の、「平均の手取り金額」は約17万5,355円に相当します。

手取り額から想定する家賃の目安

家賃の相場は、手取りの給料の価格の3分の1程度を基準にする事で、無理のない生活を送る事が出来るのです。それによって、生活費に充てる内容なども決まってくるのです。毎月使用する水道光熱費や電話料金も2万円から3万円かかるので、一番大事な毎日の食費は、出来る限り自炊する必要があります。

毎日のランチ代の弁当を、自分で作る事で節約は可能ですが、近くの食堂やコンビニで済ますとしても、お昼に使用する代金は千円程度に抑える事になり、月に約3万円かかる事になります。朝晩の食費を同じように外食しては、給料では賄えなくなってしまうので、自炊する事で、月に3万円以内に納める事も出来ます。

家賃の5万円+水道光熱費の2万円+ランチ代3万円+自炊による食費3万円となり、合計では約13万円になります。家賃は地域によっても異なるので、水道光熱費と自炊による食費やランチ代などの毎月出費する金額を、家計簿を付ける事で把握しておく事も大事です。出来るだけ貯金する事で、将来の結婚の準備や自宅の購入に備える事が出来るのです。

社会での付き合いでは、想定外の出費も必要となってきます。仲間や上司との懇談会などで、会員制の飲み会でも5000円から1万円程度の出費は、あたりまえのように出ていきます。親戚や仲間の冠婚葬祭の費用も年に数回は想定されます。社会の一員としての出費も考えなければなりません。

他にも出費は会社だけでなく、人生を満喫する為の趣味や娯楽の為に使う費用が、ほとんどの場合に使用されています。自分だけの楽しみだけでなく、将来家庭を持つ事になる相手との交際費用としても出費が出ていく場合があるので、手取り17万円から固定費の13万円を引いても残りの金額で貯金しながら毎日を送る事は、計画的にお金を管理する事が大事です。

また、家賃以外にも賃貸契約の上で、まとまったお金が家賃の4~6カ月分が必要ですが、この代金については、親に貸してもらうか、大学時代でバイトの費用を貯める事で対応します。

まとめ

新卒の就活生における一人暮らしの費用の目安は手取り額から計算して、毎月出費が決まっている費用の想定を行って、毎月の家計簿は男性でも必要になるのです。プライベートも楽しみながら収支のバランスを取る事が、就活生における一人暮らしの費用を決定しています。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。