新卒生必見! 自己PRで大切なこと

新卒就活ガイド

面接での自己PRは選考の結果を左右するといっても過言ではありません。とはいえ限られた時間で自分自身をアピールする必要があります。面接に臨む前にじゅうぶんにポイントをおさえ、対策をとっていくことが必要です。

就職活動で自己PRを求められる理由

自己PRを求める企業の意図を考えてみましょう。

【会社で活躍するための能力を持っているかどうか知りたい】
企業で活躍するには、それぞれの企業にあった能力が必要です。たとえば、コンサルタントなら、論理的思考力が求められるでしょう。商社であれば、管理能力や交渉能力に注目されます。このように、大まかに言っても業種ごとに活躍するために必要な能力は異なります。企業側は自己PRに触れ、学生がその力を持っているか確認したいのです。

【アピールの根拠になる経験を知りたい】
ただ、「~が得意です」と長所をいうだけでは信用されません。「~という長所があります」というアピールの根拠となっている経験を、企業側はこの質問を通して把握しようとしているのです。

【長所が企業で活躍するのに充分なものかどうか知りたい】
長所にも段階があります。企業側は、その長所が「企業に役に立つ程度」のものかどうかを確認しようとしているのです。役に立つ長所であるためには、「そのアピールポイントを活かして、問題を解決し、成果を出している」ことが必要です。

【どのような考えを持っているのか人柄を知りたい】
自己PRを通じて、応募者がどのような考えを持っている人なのか知りたい、と言う目的もあります。履歴書や志望動機だけでは、どんな人柄なのかは分かりません。企業側は、面接に臨む人の、どのような部分をアピールするのか、それに対してどのような考えを持っているのかを言葉で表現することで、深い部分まで知りたいと考えています。

その人がどんな人柄なのかを知ることで、企業の雰囲気にあっているか、仕事に対して前向きな姿勢で取り組んでいけるかどうか、長く働き続けてくれそうかなどが判断する材料になります。

効果的な自己PRをするには

どんなに力んで自己PRをしたところで、企業が求めるものから的が外れていれば意味がありません。どこに力点を置けばいいのでしょうか? 特にポイントとなる点を挙げます。

【自己PRには根拠と具体例が必要】
その長所となる力を最も発揮したのは、学生時代の~というときです、とアピールの根拠を伝えます。そして、根拠で話した例を詳しく話しましょう。その能力が、その場でどんな風に活かされて、どんな結果に貢献したのかを話すのです。

具体的に話すには、

・~という課題に取り組んだ。
・問題を解決するためには、~が必要だと考えた。
・そこで、~という解決策を実行した。
・その結果、~という成果が出た。

という順序で語ると、企業にとってわかりやすく伝わります。

【展望を自己PRに盛り込む】
「アピールする能力」が会社にとって役に立つかどうか、面接官はみています。必要と思われるためには、未来への展望を語りましょう。つまり、「貴社の業務は○○という能力が重要だと思われます。私の能力は、貴社で△△という形で役立てます」と伝えるのです。企業にとって自分を雇うとどんなメリットがあるのか伝えられます。

【自信を持って伝える】
面接では、大きな声で話しましょう。自信無さげに話さないことです。面接で話す時の態度は、企業側の印象に大きく影響します。自信に満ちた表情で話せば、自己PRの評価も高くなります。

【マイナスポイントと思われることも視点を変えればプラスに】
自己PRを考えるうえで、どうしても長所が出てこない、短所ばかりが浮かんでくるという人もいるかもしれません。しかし、その「短所」は光の当て方によって「長所」になる場合もたくさんあります。「行動力がない」は、「思慮深い」に変えることもできます。このように、一方向から物事を観ず、複眼的な視点で自己分析する必要もあると思います。

まとめ

ある企業では、入社は「企業と社員との結婚」と考えているところもあります。それくらい、人生において大切な通過点になるものだということでしょう。計画的に自分自身をブランディングし、自己PRにつなげていきたいものです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。