採用は企業に価値があり新卒者に有利!

新卒就活ガイド

大学・短期大学・専門学校・高校などその年に卒業や卒業予定の学生を新卒と言います。新卒採用は、就職活動をする学生には有利な立場となり、企業にとっては価値があります。

新卒採用とは

新卒採用は一般的に大学卒の採用が多く、企業で選考内定を行い卒業後に入社する流れになっています。この採用方法は、一部の企業が大学卒の人材を定期的に採用したのが新卒採用の起こりと言われています。

企業による卒業前の学生採用予約が拡大したため就職協定が制定されましたが、十分な効果がなく日本経済団体連合会(経団連)で倫理憲章が策定されました。

倫理憲章

倫理憲章による企業採用活動時期に関して最新の指針内容は以下通りです。
〇広報活動:卒業・修了年度前の3月1日以降
〇選考活動:卒業・修了年度の6月1日以降
〇正式な内定日:卒業・修了年度の10月1日以降

採用選考に関する指針は法的拘束力がなく背いても罰則が科されることはありませんでした。2021年に入社する新卒者採用から採用選考に関する指針廃止が正式に決定発表され、学生が学習時間等を確保しながら安心して就職活動に取り組むことができるよう企業に採用活動日程の要請をしています。

就活で大卒が有利と言われる理由

〇大卒条件を出している企業が多い
優秀な人材は大卒でなくても存在しますが、学歴不問の求人で何倍もの応募者を選考するのは効率的とは言えません。募集時にある程度学力が保証されている大卒を採用条件にする傾向が企業にあります。

〇アルバイト経験がある人が多い
アルバイトの求人に高校生不可も多いほか、学校や親にアルバイトを禁止されているという生徒もいる一方で、大学生にはアルバイト経験がある人が多く、協調性や我慢強さやある程度の接客マナーを身につけている人もいて働き方を多少知っていれば、新人教育の負担が少なくて済むと考える企業もあります。

〇成人していて落ち着きがある
高卒は未成年ですが、大学生は卒業時には22歳になっていますので年齢的にも落ち着いているため企業にとっては扱いやすい人材と言えます。

新卒一括採用

新卒一括採用は、新卒者を対象に毎年同じ時期に一定数の人員採用することで人材を効率よく確保できるほか教育コストの削減ができます。

企業の新卒採用を行う意義や目的

新卒採用について、アンケートを行った結果が以下です。
〇新卒採用を行う意義・目的
①将来の幹部候補の育成⇒42.3%
②社内活性化⇒15.3%
③現場での戦力確保⇒14.6%
④企業文化の醸成⇒13.9%
⑤年齢構成ピラミッドの維持⇒12.4%

②③⑤は新卒にこだわらず中途採用でも実現可能です。社内の活性化や現場での戦力確保は新卒よりも中途のほうが効果的に感じられます。新卒採用は①と④が企業文化を体現した優秀なリーダー候補を長期的な視点で育成するという目的のため行っています。

年功序列と教育

〇年功序列
成果主義に変わりつつありますが、年功序列の企業はまだ多く採用基準となるのは勤続年数で、人事評価がしやすいからです。

〇教育
新卒は、正社員経験がなくまっさらな状態での一斉教育ができます。

まとめ

企業は何を目的に新卒採用を行うのかを念頭に、停滞した風潮や企業理念に基づいた行動を取れる人材が欲しいといった企業の考えを持つとよいでしょう。

卒業して就活に挑む学生の皆さん、当方は新たな人材を求めています。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡下さい。