新卒者の就職活動で職務経歴書提出が求められた場合の対応について

新卒就活ガイド

就職活動における提出物の1つで、過去の職歴について記載する文書である職務経歴書。企業によっては、原則的に職業経験がないと見做されるはずの新卒者に対しても提出を求めるケースがあります。その場合、どのように対応すればよいのでしょうか。見ていきましょう。

職務経歴書とは

職務経歴書は、これまでどのような職業に就いてきたのか、職業経験を通して身に付けたスキルは何か、といった内容を表記した文書であり、面接など採用判定のシーンにおいて既卒求職者に提出を求められるものです。

主な項目としては、職務経歴・過去の業務に関連する資格やスキル・就職を希望するに当たって過去の職業経験を踏まえた自己PRなどが挙げられます。人材を求める採用側にとっては、求職者の職務能力を知るうえで履歴書以上に重要視される書類と言えるでしょう。

職務経歴書が求められた際の新卒者としての対応とは

通常であれば、年度末で学校卒業予定にある新卒者に、職務経歴書の提出が求められることはまずありません。職務未経験のため職歴がないのがその理由であることは言うまでもないことでしょう。

学業の傍らアルバイトに従事していたケースもありますが、そもそもアルバイト歴は職歴と見做されないのが一般的です。では、新卒者であるにも関わらず志望先企業から職務経歴書提出を求められた場合には、どのように対応すればよいのでしょうか?

新卒者の職務経歴書提出に関して、企業側の人事担当者から特に事前の説明がない場合には、こちらから問い合わせてみたほうが宜しいでしょう。中途採用の求人と混同され、誤って提出が求められているケースもないとは言い切れません。

その場合、提出不要の確認を取ることができます。中には、学生と承知したうえで敢えて提出を求めるケースもあります。その場合、どのような内容を書くべきか、確認しておくべきでしょう。

新卒者に職務経歴書提出を要求する企業側の考えとは

新卒者も職務経歴を提出しなければならない場合、それを要求する企業側の立場で考えてみることも、就職活動の一環として参考になることかと思われます。先にも述べた通り、職務経歴書とは求職者がどのような職務能力を持っているのかを把握するための書類と言えます。

企業側はその内容から、この人は我が社の業務に対応できるのか、採用した場合どのような業務を任せるのが適切なのか、など求職者の能力と企業の事業内容を照合しながら採用について検討するわけです。

それを考慮に入れると、新卒者が職務経歴書を出さなければならない場合、職務に活用可能と思われる自分の能力について書けば、企業側の意図に適った内容の文書になると言えます。職務経歴書の主な項目には、職務経歴以外にも、取得している資格やスキル・自己PRなどがあります。

それらをメインとした内容の文書とすることで、職歴がなくとも企業側の求めに即した情報を提示できるでしょう。また、職歴に代わってアルバイト歴の記載が求められるケースもあります。これも、主旨としてはアルバイトの経験を通してどのようなスキルを培ってきたのかを知るための情報と言えるでしょう。

通常の職務経歴書と同じく、アルバイトを通して身に付けた能力を今後どう活かせるのかアピールできれば、遜色ない職務経歴書として充分通用するものと思われます。

まとめ

以上のように、職務経歴書とはこれまでの職業経験からどのような能力を身に付けてきたのかを表す書類であるという基礎的部分を踏まえます。職業経験のない新卒者に職務経歴書の提出が求められる場合には、今の自分が身に付けている能力のうち業務に役立てられるものを中心にまとめれば適切な内容となることについて見てまいりました。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。