就活における身だしなみの重要性は、選考に影響

新卒就活ガイド

就活における身だしなみについては、社会人としてのマナーの第一歩です。就活の選考にも影響する事が考えられます。就活における身だしなみの重要性について選考に影響する可能性を、企業調査を交えて紹介していきましょう。

採用担当者に対する調査結果

企業の採用担当者に対して調査を実施した結果では、9割以上が身なりや服装、髪型や化粧に対してその印象が、選考に影響を与えていると回答をしています。大いに影響するが48.8%で、やや影響するが44.4%を示しており選考に対する影響の大きさに驚くほどです。

勿論、身だしなみは、社会人としてマナーである事を示していますが、礼儀や態度に与える影響として深く受け止める必要があります。7割以上の採用担当者が、清潔感の有無を髪型と服装で判断していると答えています。つまり、マイナス評価には服装と髪型が大半を占めており、肌や体臭も評価されています。

身だしなみの注意ポイント

身だしなみとは、相手を気づかう為のマナーであり、その対象になっているのが面接する採用担当者になります。相手にしてみれば、気づかいや思いやりが不足していると思われても仕方のない事です。

身だしなみで好印象を与える為には、清潔感と健康的な印象が必要であり、靴や服装のシワなども含めた全体的な調和を整える事で、好印象を与える事ができます。面接する前に風呂やシャワーで清潔に身支度をして、服装も就活に必要なバランスのあるフォーマルな身なりで面接に臨む事です。

緊張して汗をかいた場合には、トイレなどで汗を抑えるウエットティッシュなどで臭いを抑えておきましょう。相手に不快感を与えないように準備する必要があります。

1.頭髪の注意ポイント
寝ぐせがない事と整髪料のつけすぎは、清潔感をなくすので逆効果です。

2.爪の注意ポイント
爪が長いと不快感を与え、汚れやすく目立ちやすいです。

3.足元の注意ポイント
一見清潔そうに見えても足元が汚れていては、全てが台無しです。靴を綺麗にしておく事とソックスの色にも注意しましょう。

4.化粧の注意ポイント
あまり濃い化粧や際立つ濃い口紅などは避けて、薄めに化粧をしましょう。香水の使用よりも制汗剤を使いましょう。

個性を重視するベンチャー企業への対応

人を見かけで判断するのは早計かも知れませんが、ビジネスや共同社会においては、協調性を重んじています。多くの就活の場合には、今まで述べた「身だしなみ」が、重要視されてきます。

しかし、中には、ファンションまでも個性を重視する会社もあるのです。特にベンチャー企業の場合は、相手を知っておかないと強調性がマイナスになる場合もあります。

〇ベンチャー企業に対する精神を理解する事
個性をファッションや独自性を強調する事で求める会社も存在します。アメリカでは、カジュアルなスタイルでビジネスに臨む事が増えています。日本では、まだ浸透していませんが、新しいスタイルの会社もある事を認識しておきましょう。

まとめ

就活で自己アピールは大事ですが、身だしなみの自己主張は会社における協調性を疑われてしまいます。あなたの実力を発揮できないまま選考にもれてしまうのは、存外です。身だしなみが、最初の選考ポイントと考えて就活に臨むように心がけましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。