新卒採用社員が行う研修 期間中の気になるいろいろ

新卒就活ガイド

 内定をもらった企業に入社すると、新卒採用された社員はまず、研修を行います。実際に仕事を任される前に、企業内のルールや職務内容を一通り勉強し、そのスキルやサイクルを習得して社員としての振る舞いや業務遂行を開始します。
 社会人としての経験がない新卒者は、ここで一企業人として、さらに仕事を自分なりに遂行する術を学ぶ大切な期間と言えます。

〇研修期間中にはどんなことをするの

 まずは、社会人としてのマナーや、心構えを研修メニューに取り入れる企業が多いです。すぐに職務を任せるというよりは、社会人となるためのステップという方が適しているでしょう。
 業界全体の流れや傾向、また社会の流れに沿って行動し、仕事を遂行するための知識をこの研修期間で学びます。どんな課に配属されても、仮に勤める企業が変わったとしても、新入社員研修は、その後の働き方に大きく影響を及ぼすカリキュラムと言えます。真摯に学ぶ姿勢を忘れてはいけません。

〇新卒採用された後の研修期間は

 新卒採用を受け入れる企業によって、研修期間はそれぞれ異なります。場合によっては採用日の前に、ガイダンスや事前研修を採用する企業もあります。
 社員全員で行う研修もあれば、並行して課や部署ごとの研修を取り入れ、先輩や上司と一緒に業務に就くまでを研修期間とする「引継ぎ型」企業もあれば、一通りの説明が終了した後すぐに、担当を任せる「実践重視型」もあります。
 一定の研修期間を定めて、座学やシミュレーション、応対やマナープログラムといったカリキュラムを行い、修了すれば研修期間が終了します。その後、アシスタントとして先輩社員に同行したり、実務研修を行う間も研修として扱うか、一般社員と同様に扱うかは、一様ではありません。
 企業ごとに、研修に対する必要性や取り組み方が異なりますので、採用試験を受ける際には一つの目安にするといいでしょう。

〇研修期間中に退職を考えてしまったら

 いくつかの採用試験を受けて新卒採用を獲得したとしても、実際に働き始めてからふと、退職について考える人がいるかもしれません。「この企業で働きたい」と思って決意したとしても、ミスマッチがあった場合は、やむなく辞める選択を検討する可能性もあります。
 研修期間の就業に対する扱いも、企業によって異なります。研修期間中は試用期間として扱う企業や、準社員の扱いになるケースも珍しくありません。
 新卒社員の試用期間に対する扱いは、入社承諾書や就業規則など文書や書面に明記をしているはずですので、しっかりと確認してから承諾サインをしましょう。