企業が求める新卒で優秀な人材が就活で実践しているコト

新卒就活ガイド

新卒者の就活は前年の4月に企業のエントリーシート記入に始まり、 会社説明会に参加することや、6月に企業が行う面接を受けることで企業の新卒者選考の開始といえます。さらに優秀な新卒者は、その年の前からすでに自分の自己分析もおこなったり、希望の企業研究や、志望企業を複数の会社に絞ることもしているようです。そういった人が実践している就活のポイントを見ていきましょう。

■会社説明会や面接時の印象作り

会社説明会に出向いたり、面接でのビジネスマナーや着る服装にも気を配ると、企業採用の担当の方へかなりの好印象のイメージを持ってもらうことができ、優秀な人材として見られやすくなります。面接という第一関門で悔いの残らないよう心掛けましょう。

そして、企業側にこの新卒の人がぜひ入社して一緒になって働きたいと思う気持ちを抱いてもらうも重要となって来るようです。熱い情熱を感じさせて「この会社に入社して来てほしい」と思ってもらう事が重要になっています

■就活関書類のポイントを知る

まず新卒者は、1番最初に提出する書類(履歴書、職務経歴書、エントリーシート)を記入し、提出できる準備をしたり面接に臨む際の事前準備がいくつかありますが、その際に書き上げる必要のある書類に対するポイントとして、虚偽は記入をせず、素直に書くということです。

企業の採用担当者は第一に、履歴書(その他の記入書類)を見てその人の情熱や仕事に対する熱意を見図り、そこから各自の質疑応答となります。

また、どの企業で働くにしても、今後ずっと会社が管理していく文書になるので、記入書類などは丁寧に記載し、書き間違いをしたら初めから仕上げ直すくらいが丁度いいと思って取り組むことをお勧めします。修正のできる道具の使用は極力避けるほうが、より好結果を期待できると捉えてください。

■面接官とのコミュニケーション

面接では、緊張したり、そもそもコミュニケーションが苦手という方もいるでしょう。そんな時は、まず相手への話は自分でも分かり易いように、はっきり丁寧に、滑舌や速さ、音量に気を付けることを心掛けて全てをすぐ話そうとはしないで、適切な抑揚で話すと面接官も分かりやすくなります。自分も相手も円滑に会話のやり取りができるように心掛けるのが良いでしょう。

■まとめ

企業が望む優秀な新卒者とは、決して学校での成績が優秀であるとかだけではなく、社会に出ていくため、最低限の準備ができていることも採用選考のポイントとなります。どのような姿勢で就活に取り組んでいけばよいかと悩んだ時には、株式会社エントリが運営する、就活情報サイト「人材ベンチャー新卒就職ガイド」をご活用ください。