新卒でも知っておきたい工場勤務の内容

新卒就活ガイド

新卒の場合、就職した会社の業務内容を把握するため、希望する部署へいきなり配属されることはまずありません。特に製造業の場合、自社製品を製造する工程や作業を体感する必要もあることから、新卒者は工場勤務からスタートとなることも珍しくありません。

■工場勤務は現代日本においても経済の牽引を担う

工場での仕事ってまず思い浮かべるのが、日本の高度成長期をけん引してきた自動車産業ではないでしょうか。工場の仕事には、その他いろいろありますが、物作り日本と言われて久しくなりますが、近年では海外からの自動車の輸入に押されているとは言え、日本の自動車は海外でも人気があり、まだまだ成長産業と言っても良いと思います。

■工場は幅広い人材で成り立っている

工場での仕事は、さまざまな分担や役割が、ありますので基本的には、毎日その部署で毎日続けるわけですが集中力を切らさずに淡々と仕事こなすことが求められます。

新卒にありがちな同僚とのコミュニケーションを取るのが苦手という方でも、部署にもよりますが、流れ作業などの単純作業でしたら比較的自分の決まったポジションでの仕事をこなすことが多く、特別なトラブルが起きない限り相手とも会話が少なくて済みます。

もちろん工場勤務でもエンジニアなどといった技術職でしたら、想像力やアイディアなどの製品作りについてクリエイティブさが求められます。

■工場の仕事の種類と内容

◎自動車産業 (自家用車・トラック。オートバイの組み立てやその他の部品の製造作業)
◎半導体産業(パソコン・携帯電話・その他端末の組み立てや部品の製造)
◎液晶産業(パソコン・携帯電話その他端末の液晶画面や部品の製造)
◎食品産業(コンビニなどの惣菜・食品やその他のお菓子の加工選別や袋詰めなど)
◎住宅産業(住宅の建築資材を主に製造)
◎印刷産業(チラシ・新聞・雑誌・週刊誌・本を印刷製造)
◎精密機械産業(IT産業関連の部品や機械の製造)
◎機械加工産業(工業製品の機械や自動車の部品の製造)
◎金属加工産業(金属加工で必要な自動車や機械などの部品の製造)
◎石油化学産業(プラスチックや塗料などの製造)
◎紙・パルプ産業(ティッシュペーパー・新聞・雑誌に必要な紙を製造)
◎ゴム産業(タイヤや事務用品その他のゴム製品の製造)
◎電子産業(携帯電話・その他の端末・デジタルカメラなどの部品の製造)
◎電器産業(テレビ・冷蔵庫。洗濯機などの家電製品やオフィス機器などの製造)
◎その他工場での事務系の仕事

■まとめ

いかがでしたか、工場の仕事と言っても色々な職種があり、昼間だけの勤務や~3交代の勤務等、働き方も多岐にわたります。新卒者が就職先として製造業などを希望した場合、最初に配属される可能性の高い職場ではありますが、製造段階から自社製品に関する知識を有することは、この先に待っているキャリアアップをはかるうえでも、大切な配属期間であると認識することをお勧めします。

株式会社エントリーは、工場を所有する製造業と人材の橋渡し役として活躍の場を求める、あなたのチャレンジをお待ちしています。