就活生に魅力がある人材業界のいろいろ。

新卒就活ガイド

就活生の就職先の対象に最近人気となっているのが「人材業界」ですが、はたしてどんなところ魅力があるのでしょうか。人材業界で働く魅力について、人材業界の種類と共に紹介していきましょう。

■「人材業界」の種類とは

◎人材派遣業および人材紹介
派遣会社によって登録スタッフを必要としている会社に派遣して報酬を得る事ができます。企業では、コスト削減のために人材派遣によって、社員の穴埋めをすることが必要とされています。その為に登録社員は年々増えていく傾向にあります。

人材派遣業の魅力は「派遣会社」として、いろんな人の特技や要望に合わせて、数ある企業の中からその人にマッチした企業を紹介することで、その人の能力を最大限に活かした上でその企業に必要な人材となってくれることです。「登録するスタッフ」としては、自分のスキルが会社の役に立つことで、いずれは正規の雇用につなげることでしょう。

◎人材紹介業の魅力
人材紹介と人材派遣業は兼用している場合もありますが「人材紹介」を専門としている場合もあります。就職希望者には希望や職歴にあった求人を紹介し、企業側には採用計画のヒアリングによって求人票を作成して人材を紹介することになります。

人材紹介業の魅力は、個人と企業を引き合わすパイプ役となって、多くの人のこれからの人生に手助けを担っているのだと実感することでしょう。時には企業側の立場で考えたり、時には、個人の目線で物を見たりと、自分の見識まで広がる思いで頑張れることです。

◎求人メディア
人材メディアは、企業が求める人材の広告を紹介して、広告雑誌の販売や無料提供を通じて、応募する人材に広く告知する媒体です。大学生のほとんどが求人サイトや広告メディアを利用しています。人材関係の中では、広告業界に属するものと考えられます。

求人メディアの魅力は、求人の企業に取材を行って、いかにメディア(広告)を、興味深いものにするか、いかにわかりやすいものにするかに自分の実力を発揮するかに関わってきます。求人企業から、広告の評価が良かったり、求人数がふえることで自分の仕事ぶりがわかることでしょう。

◎人材コンサルタント
企業が意図する経営戦略について人事についての計画の立案や、実行することをサポートして、人事面での協力に大きく貢献する仕事です。その為には、高いスキルやリーダーシップも備わっていることが求められています。

人材コンサルタントの魅力は、具体的に実例をあげたり多くの情報を提供したりすることは、もちろんですが、簡単に言うとすれば、企業の中での人事関係に、相談役(サポート)や計画に対しての案内人の役割をになうことで、人事面での要になれることではないでしょうか。

■結局は、人材業界ってなんだろう?

人生において、仕事の占める割合は、50%以上を占める事でしょう。場合によっては80%近くも仕事に携わることかもしれないです。その大きな部分に人材業界は関わってくるのですから、多くの人のターニングポイントになりうるのです。

人材業界の魅力を説明してきましたが、実際に働いて感じ取れることがたくさんあります。経験も大事なのですが、志も十分に働く戦力になるでしょう。人材業界の魅力をぜひとも受け止めてもらう事を望みます。また、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリまでご連絡お待ちしております。