新卒で保険業界に入るには?

新卒就活ガイド

新卒で保険業界に入社するためには、どのような事をしていけば「採用」に近づくのかよく分からない人も多くいるのではないでしょうか。というのも、必ず毎年新卒の採用を行っていて大手の生命保険会社では、一度に100名以上の採用をしているところもあるほどで、採用人数が多ければそれだけ面接を受ける人も多く、競争率も高くなる傾向にあるからです。よって、今回はとくに生命保険業界ではどのような人材を求めているのか、まとめましたので一緒にみていきましょう。

■大卒中心の採用をする「大手の生命保険会社」

冒頭でも少し記載しましたが、大手の生命保険会社の場合では基本的に大卒中心の採用を行っているところがほとんどです。この場合、「営業職」と「基幹職」の枠があり、営業職については、ライフプランをお客様に応じて生涯設計していく提案などを行い、基幹職においては管理業務や企画立案、折衝調整といった幅の広い業務をおこなう会社の中核となる存在へと成長していくことを目指していくことになります。

このように、大卒中心の採用をする大手の生命保険会社ですが、特に学部や学科を固定しているわけではなく、さまざまな学部・学科出身の人が在籍しています。理由として、業界に必要な保険・金融の知識というのは、入社後の研修で学んでいくことになりますので、学校で何を学んでいたとしても生命保険会社に入社することは可能です。

また、高卒である場合、大手の生命保険会社を目指すことは難しい現実がありますが、その他にも生命保険会社は幾つも存在していますので、自分の適性に合った会社を選ぶことは可能といえるのではないでしょうか。

■保険業界に向いている人の適性とは?

保険業界に向いている人の適性については、下記になりますので参考にしてください。

・人の人生と向き合うことのできる人
・少なからず金融業に興味のある人
・チャレンジ精神の強い人

つまり、お客様の1人ひとりの人生と向き合うことになるため、パートナーとして頑張れる人が求められます。金融の専門的な知識を必要とする場合のため、日々の勉強を続けられる人で、仕事の成果を出すためにもどんどんチャレンジする機会を自分から手にできる向上心のある人なら適性があるといえます。

■需要の高い生命保険業界

いかがでしたでしょうか? このように、新卒で保険業界に入社するためには、自分から保険業界にチャレンジを持続していける精神力のある人が適性として第一に求められます。また、とくに生命保険業界の大手では大卒を中心に採用が選ばれ、高卒では大手以外の生命保険業界を選ぶことになりますが、需要は高く適性がある人材であれば、どんどんと成長し昇進していくことも夢ではないのではないといえるのではないでしょうか。

私たち株式会社エントリでは、2019年の新卒者へ向けて様々な業種の採用を募集しております。この機会にぜひとも参加願えることをお待ちしています。また、他方でも新たな人材の確保を提案するため、保険業界についてサポートを致します。興味のある方は、株式会社エントリまでご連絡お待ちしております。