面接官はここを見てる!新卒者面接対策

新卒就活ガイド

新卒者として自分の希望または志望してる企業への就職は、夢の一つですよね。就職活動をする中で一番の関門と言えるべきものは「面接」ではないでしょうか。面接官は応募者のどこを見て、何を感じ、何を求めるのか。担当者の目線で考え面接対策を事前に意識すれば希望する企業への就職へ一歩近づくはずです。今回、面接官はここをみて採用する!! をテーマに紹介したいと思います。

■もう当たり前、第一印象の良さは職種、相手を問わず大事

どのシーンでも第一印象はやっぱり大事です。それは面接も同じです。自信を感じる良い姿勢、聞き取りやい大きな声と礼儀正しい挨拶は相手を問わず好印象をあたえます。

※ワンポイントアドバイス※
面接は受付の段階から始まってると思って下さい。面接会場から部屋に入るまでの会社の資料や、雰囲気、すれ違う職員はどんな感じで仕事してるのかなど、目をつけとくのもいいでしょう。面接での話題作りにも活用できますよ。

■面接官は履歴書でわからない魅了をズバリ知りたい

履歴書などを見れば本人の経歴、学歴などはわかりますが、面接官は本人のもってる能力、魅力、人間性などを重要視します。つまり面接では履歴書や書類では計れない部分を重要視し、アナタも履歴書や書類だけで伝えられない部分を、いかにアピールするかが大きなカギを握っています。

※ワンポイントアドバイス※
例えば面接で企業が抱えてる問題などを想定してみてはどうでしょうか。
「私ならこの問題はこのように解決できる」
「以前、このような経験をし、このように解決した」
など履歴書では計れない部分は企業へのアピールとして、何パターンか準備しておきましょう。

■最後に質問はありますか? に自分なりの個性を出そう

面接最後にはこの質問は必ずと言っていいほどありますね。この時、緊張のあまり

「質問はありません」

だけは絶対にしないこと。この最後の質問こそ自分をアピールする最大の場面です。この最後の場面で印象を残すことで面接官の印象も、また変わってきます。この質問も事前に何を質問しようか何パターンか考えておくのが最善です。

※ワンポイントアドバイス※
企業のHPから情報を拾い質問するといった方法はよく使われています。ちょっと変わった質問を自分なりに考え見てはどうでしょうか。また面接が一次、二次あり同じ面接官の場合はやはり、質問の内容を変えなくてはなりません。企業のHPを参考に就職先の企業理念を理解し、10年、20年後のビジョンを話すのもいいかもしれません。

■まとめ

この3ポイントを面接では意識してみてはいかがでしょうか。面接では自分で自分をアピールする場、自分を営業する場になります。面接官はアナタを雇うか目の前で質問ごとに常に検討している立場にあります。履歴書ではアピールできない実績のあるもの持参しアピールしたり、最近ではタブレットで自分を紹介するユニークな方法もあるようです、参考にしてみてください。

株式会社エントリーは新卒で社会にチャレンジするあなたの応募をお待ちしてます。