社会人1年生となる新卒者引っ越し時期はいつがベストか?

新卒就活ガイド

これまで、学生さんは自宅からの通学や学生寮にお住いの方も多くいらっしゃったのではないでしょうか、就職が決まり新社会人として、他にも自立するために単身で引っ越しを考えている方も多いことでしょう。引っ越しをするならいつからどう始めていいのか、頭の中が??
になってしまいますよね。新社会人として働き始める方は、いつぐらいから引っ越しを進めていけばいいのでしょうか?

■引っ越しは自立へ向けての第1歩

新卒者やこれからの新社会人にとって、自立していくための第1段階として必要なものは、安心して住める生活環境ではないでしょうか。これまで住んでいた場所が変われば環境も変わり、心に余裕を持たなくては気付かないところで大きなストレスを感じてしまいます。

働き始める前に一足早く一人暮らしに慣れておくことで、自立心が鍛えられ、将来への自分育ての踏み出す1歩になるでしょう。

■活動開始の時期

春休みの時期に引っ越しし作業を行う場合が多いです。そのため1年で一番、物件数が多いのは1~3月の期間ということがわかりました。会社で業務がスタートする4月へ向けて動き出すためには、この時期が引っ越しのタイムリミットといえるでしょう。

また、この時期は新卒者や社会人の方が引っ越しや転勤で移動することが多いからです。物件も豊富ですが、事前にネットなどで気になる物件を下調べし、そこから不動産屋へ相談と初期費用などの交渉をしてみましょう。

■引っ越し料金を考えると1~2月がタイムリミット

引っ越し料金については時期によって変わってきます。

◎割高な時期=3月・4月・8月・9月
入学・卒業・就職・転勤があるため、この時期は混み合いますし、料金も割高な時期でもあります。

◎割安な時期=1月・5月・6月・7月・11月・12月
人の動きが少ないため、比較的に料金は安い時期になります。

◎どちらでもない時期=2月・10月
人によっては入学準備や転勤のために移動する時期でもあり、料金は高くもなく安くもないです。

以上のことから、引っ越し料金を含めて考えた場合、1月~2月が引っ越し先を決断するタイムリミットといえます。

■新卒者の理想的な引っ越しタイミング

すでに就職が決まっているのなら4月の就業1~2週間くらい前に引っ越しを済ませておきたいとういう理想でしょう。可能であれば、2~3週間前に引っ越しを完了しておくことで、新社会人として心にゆとりがもてて、新しい生活を始めることができそうですね。

■まとめ

新卒者の皆さんは最後の春休みを満喫しながらも、今後の新社会人生活の準備も万端にして憂いなき状態にしておきましょう。予算的にもタイミングが重要になるので、今回の情報を是非活用してみて下さい。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。