新卒者の入社時に提出する書類一覧

新卒就活ガイド

学生を卒業して新社会人として、会社に就職したら提出しなくてはならない書類があります。決意を新たに会社の一員として、入社書類に押し印する心構えも、仕事への意欲の証となります。新卒者の入社時に提出する書類について、調べていきましょう。

■新卒者の会社に提出する書類

入社時に必要な書類には、会社側が用意するものと、新入社員が用意するものがあります。誓約書、給与振込先届、通勤交通費申請書などは会社や企業が準備をするもので、入社時に提出する書類は多数あります。企業の体制や、社員の状況によって提出する書類が異なることがありますので、確認して準備することが大切です。

下記の様な書類があります。

【一般的に必要な書類】
◎給与振込先届
・給与振込みに必要な口座などを届ける書類です。会社で用意された類用紙に記入します。銀行通帳コピー(支店名、口座名の記載ページの写し)の提出をします。

◎入社誓約書
・会社側の用紙に署名、捺印して提出します。入社承諾書と兼用する会社もあります。
・ 就業規則に関すること
・ 履歴書の記載事項に関すること
・ 秘密保持(秘密厳守や守秘義務)に関すること
・ 損害賠償に関すること。

◎身元保証書
・身元保証人の署名、捺印が必要で、印鑑証明書の提出をする会社もあります。保証人の印鑑証明書には、実印による捺印が必要です。

◎通勤交通費申請書
・使用する通勤形態と領収書や距離の確認と申請書提出

◎従業員調書(履歴書で代用可)
・人事管理の基本資料で、家族情報などの記入提出をします。会社により履歴書で代替する場合もあります。

【法手続きに必要な書類】
◎年金手帳
・年金加入手続きのために必要で、コピーなどの提出を求められることがあります。年金手帳は基本的には自分で保管します。

◎扶養控除等申告書
・税金や社会保険手続き、諸手当計算などに必要です。扶養義務家族がいない場合でも提出が必要です。

【アルバイト含め前職がある場合】
◎雇用保険被保険者証
・失業した場合に失業保険受給に必要な書類です。紛失した場合は、職安で再発行出来ます。

◎源泉徴収票
・年末調整を受けるために職場に提出します。

【採用条件に特定の資格がある場合】
◎免許、資格関連の証明書
・無事故証明書や資格取得証明書です。

【個人で納税していた場合】
◎住民税納付書
・現住所確認と住民税納付書、手続きは市区町村役所でおこない提出ます。

【入社時の健康診断をおこなう予定がない場合】
◎3ヶ月以内の健康診断書
・年齢によっては「生活習慣病検診」などの診断書提出もありますが、会社や企業の定期検診に準じた内容での受診が主流で、検診場所の指定や診断費用を負担してくれる場合もあります。

【扶養家族がいる場合】
◎健康保険被扶養者(異動)届
・社会保険手続きの為の書類です。

◎国民年金第3号被保険者関係届書(被扶養配偶者がいる場合)
・年金や社会保険加入手続きで、被扶養配偶者がいる場合は提出が必要です。

◎住民票(同居を確認する必要がある場合)
・同居人確認の為、提出を求める場合があります。

■まとめ

新卒者が入社する会社への書類提出は、組織の一員として誇りと向上心を持って、仕事への信頼を得るために職務に従事し、社会人としての決意です。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。