新卒必須のパソコンスキルとは?~若者のパソコン離れ~

新卒就活ガイド

若者のパソコン離れの要因となっているものとは何でしょうか。また、企業は新卒の方にパソコンスキル求めていることがあるのですが、具体的に分からない人もいるはずです。今回は、新卒必須のパソコンスキルをまとめましたので、みていきましょう。

■企業が求めるパソコンスキルとは?

専門職または、事務職で求められるパソコンスキルは、

・word
・Excel
・powerPoint
・文章作成能力
・情報取集能力
・プログラミング作成能力

とさまざまあります。また、パソコンをみないで打つ「ブラインドタッチ」や、ファイルの拡張の知識、拡張子の変換方法、ファイルの圧縮・解答方法など求められるパソコンスキルは多くなっています。

■パソコンに触れる時間づくり

ある市場調査では、約9割の人事担当者が就活生にパソコンスキルは必要だという回答が多くありました。「とても・やや必要」を合わせると92.8%の人事担当者がパソコンスキルは必要と回答しました。

その背景には、やはり時代の流れの中でパソコンを使う仕事が増えていることがパソコンスキルは当然のように必要であると認識しているのでしょう。

就活中であれば、インターンシップ・エントリーシート作成などさまざまな場面でパソコンを使うときがあるため、この機会を利用して基本的なパソコンスキルを身につけておきましょう。操作方法などパソコンに触れておく時間を増やすことがスキルアップには早道です。

■若者のパソコン離れの要因とは?  ~企業の研修プログラム~

結論からいえば、若者のパソコン離れの要因は「スマホ普及の影響」といえるでしょう。スマホに依存している傾向にあるため、パソコンを触れる機会がないことと、スマホの機能で十分と考えていることが大きな要因といえます。

もともと家にパソコンがない学生の多くがパソコンに対して苦手意識があることも原因の1つといえます。もし、家にパソコンがないのであればネットカフェなどを活用して、パソコンのスキルアップを考えていく必要があるでしょう。

というのも、企業側はパソコンスキルが必須だと考えてはいる傾向にありますが、全体の6割はとくに「研修プログラムを行っていない」と回答しています。もし、パソコンスキルを求められたときに早い段階で後悔することになってしまうかもしれません。

「入社したらパソコンを教えてもらえる」などと安易に考えてはいけないということです。入社した後に後悔したくないのであれば、スマホ時間をパソコン時間にして、スキルアップする対策が必要です。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。