新卒の一人暮らしにかかる費用とは

新卒就活ガイド

卒業して新社会人として働くようになったら、自立して一人暮らしを始めたいと言う方が沢山いると思います。実際に一人暮らしをするには、家賃や食費、生活費とお金が必要でいろいろと大変です。新卒一人暮らしにかかる費用について調べていきましょう。

■一人暮らしを始める前に!

新卒で初めて一人暮らしをする前に、引っ越しの流れや毎月の生活費の計画をたてることから始めましょう。

①引っ越しの計画→②部屋の条件→③部屋探し→④契約→⑤引っ越し→⑥必要なものを買いそろえる→⑦転出、転入手続き→⑧家賃や生活費など出費までの流れをシミュレーションする。

■一人暮らしの生活費

◎家賃
家賃の全国平均は、約66000円
都市部と地方の物件では1.5倍程度の家賃差があります。家賃で比較してもアクセスが良い所は人気があります。

◎食費の節約
食費の節約は自炊が一番です。外食より断然に安く済み、健康的にも良いです。 食材の購入場所はスーパーなどで安いときに、消費を計算しながら購入するとよいでしょう。作り置きを冷凍することで、食品のロスを防ぎ、節約時短料理が出来上がります。結婚したあとにも役立つので、是非うまくやりくりしてほしいです。

◎光熱費
長時間のシャワーや、湯船に浸かると、水道代が高くなります。電気代の大半がエアコンです。家の設備によっても電気代やガス代の支払い比率はかわってきます。

光熱費の節約にはこまめに光熱費をチェックすることです。炊飯器は意外と電気を使いますので、ご飯は何号か一気に炊いて、食べない分は冷凍して、必要な時に解凍して使うのもいいかもしれません。

◎通信費
スマホの毎月くる請求額に俄然とします。あまりに高いようなら、契約プランの見直しを考えてもいいかもしれません。

◎娯楽・交際費
バカにならない飲み会代、全然お酒飲まないという人も月に数回外食したりするでしょう。交通費も人によっては毎日くらい出ていくものなので、月で考えると大きな出費になります。

◎雑費
缶コーヒーなどの飲料・お菓子、日用消耗品、タバコなど気が付くとかなりの出費になります。 衣類の購入を含まない場合でも結構使っているものです。

一回のコンビニでの買い物が平均755円という調査結果があり、週2回コンビニに行くとしたら、一ヶ月に10回、約7550円コンビニに使う事になります。家計簿をつけて、自分が月いくらコンビニなどにお金を使っているのかを知ることで、コンビニでの無駄遣いをやめてお金が浮きかなりの節約になります。

最近は家計簿を簡単につけられるアプリもあるので、そちらを活用してみるのもいいでしょう。

■まとめ

初めての一人暮らしはいろいろと準備をしたり、わからないことがあったりでパタパタすると思います。だからこそ、事前にシミュレーションしたり計画的にすすめる必要がでてきます。一人暮らしをする上で、生活必需品を揃え、環境を整えると初期費用だけでもばかになりません。ある程度お金を貯めておく必要があります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。