多くの就活生が志望する人材業界 ~様々なビジネスモデル~

人材ベンチャー企業

人材業界とは、働くための人々と企業を結びつける架け橋となります。その他に、人生を豊かにするための手助けとなるのも人材業界なのです。企業の業界ビジネスモデルや業務内容を明確に知ることで、大きな差別化を図ることが出来ます。注目すべき人材業界のビジネスモデルを紹介します。

ビジネスモデルとは

企業から提供される製品やサービスなどの代金を支払い、企業は利益を得るという一連の構造をビジネスモデルと呼びます。人材業界の仕組みからですと、仕事内容、実情などに関してインターネットなどの技術を利用し、新たな情報を得ながら企業の人材ニーズの解決と登録者に対する転職サポートを行うことをいいます。

人材業界内のビジネスモデルやサービス

人材派遣

・専門的な人材を、派遣スタッフとして供給する。
・派遣会社が労働者を一定期間、派遣先企業で労働させる。
・労働時間に応じた報酬を派遣先の企業から受け取ります。
・報酬には、労働者の給料、社会保険料、会社経費が含まれています。

人材紹介

・クライアントと求職者とのマッチングをします。
・人材紹介会社が求職者と企業の仲介をし、それぞれの条件が一致するように合わせる。
・紹介した企業で求職者が内定をもらった時点で報酬が発生する。

求人広告

・求職者に向けて、企業の求人広告をWebや誌面のメディアで掲載して、求職者を募集します。募集広告などで運用していきます。
・掲載時点で料金が発生する。

業務請負

・業務請負はアウトソーシングとも呼ばれます。
・業務を依頼した企業に対し、労働者を派遣して、業務を完遂する。
・派遣先企業ではなく請負会社が労働者に指示をする。

人材コンサルティング

・人事業務関連のコンサルティングを行うサービスです。
・人事、労務管理などのコンサルティングを行い、人事戦略や人事制度の構築を行う。

アウトプレースメント

・人員削減する企業が依頼し、リストラ、退職する労働者に対し、再就職をするための支援をし、新たな就職先を見つける。

組織開発・管理

・人事評価や人材活用のシステムのことです。
・社員の個人と個人の関係性や多様化に着目し、その情報をクラウド上で管理します。
・社員の情報からスキルや適性などを検索する事で、人事異動やプロジェクト編成に活用されてくるので、これからの新しいビジネスモデルとしても注目されています。

人材業界が取り組むのは、人材という無形商材のサービスです。無形商材を取り扱うのなら相手がどんなものを求めているのか徹底的なヒアリングが必要です。課題発見、問題解決、その提案できるスキルが必要になります。

まとめ

人材業界は市場の変化や世の中の動きとともに、法律やビジネスモデルが変わる業界なのです。常に最新の情報を手にできるように、入手経路を確保しておくことをお勧めします。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。