人材業界マーケットを判断していく人物像

人材ベンチャー企業

働き方が多極化して労働形態を変更する方や、途中で転職したりする方も多くなってきています。その中で人材業界マーケットはどのように変化していくのでしょうか。またこの人材業界で働きながら判断するにはどういった人物が適切でしょうか。

人材業界全般のマーケット動向

現在は人口が減少傾向にあり、出生率は低くなってきて、労働人口が減少してきています。企業における正社員雇用率も低下し、非正規雇用は増加しています。人材業界は景気によって影響を受けますが、市場規模が大きく需要はあるので、今後ますます注目される業界でしょう。そういう労働の移り変わりの中で、人材業界が求めている人物像があります。

人材業界を判断できる人物像

身だしなみに気を付けること

まず社会人として当たり前にできている身だしなみです。一見なんでもないように思えますが、たくさんの人と触れ合っていきますので、見た目の印象が大事になってきます。第一印象からその人の評価や好感度を大きく左右することがありますので、軽くみてはいけません。

クセが強い人などや誰とでも付き合っていけること

人材業界は人とかかわる仕事です。人と付き合っていく様々な中で、一部の人を「嫌だから付き合いたくない」ではダメなのです。仕事として関わっているからには、たとえ苦手な人でも関係を保ちながら接していくことが求められます。そのような中でも、その人の長所をみつけながらよい方向へ持っていきましょう。人とのつながりが重要なお仕事です。

コミュニケーション能力があること

多数の職種でも必要になってくるコミュニケーション能力は、人材業界でも重要です。ただ話をしたり、聞いたりするだけではまだまだです。考えを整理しながら、話す人に合わせた言葉で、分かりやすく説明や話しができればより良いのです。どのような人でも柔軟に対応していく応用力が求められます。

目標達成意欲が高いこと

目標設定が高いだけでは不適切で、実際に達成できるラインを見抜く必要があります。仕事内容は多岐にありますが、目標を達成するためにいろいろな努力していくことで、自分自身の成長にとってもプラスにつながります。与えられた仕事をただするだけではなく、考えながら行動できるようになりましょう。

まとめ

人材業界マーケットを判断できる人物像は、人材業界でも他の業種でも共通な部分が多いです。人を総合的に判断する力が求められます。人とつながる仕事が好きであれば、人材業界は一人ひとりの人生に関わる仕事をサポートするので、「やりがい」を感じられる仕事になるでしょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。