魅力ある人材業界、その仕事内容とは!?

人材ベンチャー企業

近年の人材業界は市場規模が拡大し続けています。なぜこんな不景気な中、人材業界は拡大しているのか。その人材業界とはどのような仕事内容で成り立っているのか興味がありませんか。今回は人材業界にはどのような仕事があり、どのような仕事内容なのかを、見ていきましょう。

人材業界の種類

人材業界の仕事の種類は、大きく分けて4つとされています。

◎求人広告
◎新卒採用支援
◎人材紹介(中途採用支援)
◎人材派遣

これら4要素で人材業界が成り立ち、こんなにも求職者が増え続け、人気度が高くなっているとされる。そこで人材業界を支える4つの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

求人広告

求人広告とは、求職者に採用情報を手に入れてもらうため、インターネット募集、フリーマガジン募集、就職のために行われるイベント会場募集がメインであります。

このような募集広告を通じて、求職者の興味がありそうな仕事の情報を提供し、企業との関りをもってもらい、仕事につなげるサポートをします。

新卒採用支援

新卒採用支援とは、アウトソーシングでの求職者の応募対応、面接調整、電話対応業務から内定者フォローをし、コンサルティングで効果の高い広告媒体の選定や、学生さんに自社の企業を選んでもらう方法などをサポートします。

最終的に費用対効果を最大化にするためのプロモーションは、どのような媒体やイベントを活用した方がいいのかといった、多くの就職サイトや合同説明会の中から人材を求める会社にマッチした各種プロモーションツールのご提案も業務に含まれます。

人材紹介(中途採用支援)

人材紹介とは、企業が急な欠員やより多くの専門的な仕事に力を入れたい場合に、人材や企業の専門職の人材をピンポイントで採用したい時などに初期費用をかけることなく、採用行動を行えることを言います。

人材紹介担当者は、双方にとり最適と思われるまでのマッチングをして、採用の可能性がより高い方と面接をしてもらい、効率よく採用活動をすすめるお手伝いをします。

人材派遣

企業が求める人材の募集から採用までをつなげる仕事です。人材派遣は3種類あります。
◎登録型派遣
登録型派遣のメリットは、自分のライフスタイルやキャリアプランなどを希望に大手企業の仕事経験することができ、その経験を活かし幅広く仕事を選ぶことができます。

◎紹介予定派遣◎
紹介予定派遣とは、人材派遣者が派遣先企業へ紹介し、一定期間派遣スタッフとして、仕事を経験しその後、双方の合意があればその企業への就職できるのでます。

そのため企業会社の紹介予定派遣から就職までいくことができます。

◎常用型派遣◎
常用型派遣とは、常用型派遣はメリットがあり、正社員と同じ福利厚生ができます。そのため、直接雇用された時の待遇のメリットを活かしつつ色んな企業で働くことができ、派遣会社を経由しながらも入社困難とされる企業で経験を積むことができるのです。

職歴は増やさずに色んな企業で経験を積み、自らの可能性を広げる人におすすめの働き方になっています。

まとめ

このような人材業界が近年では就活生と企業を結ぶ魅力的な仕事となってきているのです。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。