人材業界の現状と課題を見つめて未来を考える!!

人材ベンチャー企業

人材業界は優れた人物を選び抜いて、企業へ人材派遣をすることで成り立っているというイメージもありますが、その人材の育成や教育が今後の問題でもあります。今後どうあるべきか、人材業界の未来と現状や課題について見ていきましょう。

人材業界の現状と課題

人材業界に理解を深めるには、現状はどのような問題や課題を抱えているのかを知っておくと職選考にも役立ちます。業界の現状や将来性を把握できる知識を身につける事は重要です。

現状1. 市場規模が大きい

人材業界は複数の分野に分かれており、人材派遣の領域は市場規模が莫大です。これは景気の変動や社会構造の変化により、正社員が減少し、派遣社員が増えたことが理由です。派遣社員が増えたのは、自由な働き方を求める人が増加したことや、正社員が減ったことが関係しています。

正社員になれずに、派遣社員を選んでいる人もいます。人材派遣業界は、派遣での就職だけを斡旋しているわけではありません。正社員の就職を支援するサービスも当然あり、雇用形態に関係なく、就職をサポートする業界です。

現状2. 転職市場のキャリア形成は多様化

人材業界では転職市場が大きな変化を迎えて、キャリア形成の多様化が特徴的な部分です。働き方改革やワークライフバランスの充実を求める人が増えたことや終身雇用制度が関係しています。

これまでは、一箇所の企業に定年退職まで勤めるのが一般的でしたが、現在では終身雇用を保証できる企業は少なくなり、転職を考えるのが当たり前になりつつあります。企業へ求めるのも永続的な雇用や安定から、働きやすさやプライベートの充実などへの変化によって仕事観も多様化し、固定キャリアに縛られない自由な働き方を求める人が増えています。

現状3. 高齢者の就労ビジネス

日本は少子高齢化社会で、高齢者増加が問題となっている一方で高齢者が多いからこそ、就労の機会に目が向けられて、自主退職した人を対象に、高齢者向けの就労ビジネスが注目されています。再雇用という形で企業に残る人もいますが、それだけではなく一旦辞めて、責任から解放されているからこそ、やりたい仕事をしようと考える人は多いのです。

離職後の仕事は生活のためよりも、自身のやりがいや生きがいのためであることが多く、それを実現する為に、地域と共同で就労支援をおこなうこともあります。サービス提供対象者が若年層から高齢層へと幅広く変化している現状を知る上で重要な点です。

人材業界の課題把握

人材業界が発展するためには市場の理解と調査を徹底させる必要があり、産業構造の変化は景気に左右されやすく、その対応が課題となっています。又、海外進出が進む中、グローバル化も迫られ、人材業界も変化を求められています。

課題1. 少子高齢化問題

若年労働力の不足は深刻で、減少傾向に転じており、企業の人材確保は重要な経営課題となっています。新卒採用の不足及び離職者の埋合せを、中途採用やパート、アルバイトで補っているのが現状なのです。

企業は組織への適合性や訓練への適応が高い若者を好む傾向にありますが、高齢化に伴い今後人材業界に求められるのは、中高年層の経験や熟練技術の適切な評価が重要と考えられます。

課題2. グローバル化への対応

企業経営は海外を視野に入れた活動が一般的になってきています。外国人との区別はなくなり、日本の人材サービスを海外派遣や導入で、国際的な事業展開を担うグローバルな人材サービスが求められます。人材業界は、発展途上国へのグローバル展開を考える時期に来ています。

課題3. 異なる職業への展開

人材業界から派遣を行ってきた「製造業や建設業」でのロボット化は、企業の海外移転などによって減少するとみられています。人手不足が叫ばれている「医療、福祉分野や運輸業、情報通信業」については大きく伸びていくことになるでしょう。「介護業界」においての人材不足は大きな社会問題になっています。保育士についても、首都圏では厳しい不足感があります。このように、異なる職業に対する様々な展開が人材業界には必要となっています。

人材業界の未来

人材業界の未来を考える上で重要なのが、今後の社会的情勢と経済、テクノロジーの変化の思案だと思います。少子高齢化、医療技術の発達、グローバル化、働き方スタイル、テクノロジーの向上です。

上記でもふれたように、少子高齢化によって起こる若手人材の流出や定年退職者の再雇用などが考えられます。医療技術が発達しキャリア世代が増え、新卒採用から定年後採用や専門的な熟練者としての企業が増えて、定年者の人脈と経営戦略で基盤を作り、若手が効率的に企業の成長を促す時代がくると考えられます。

グローバル化に伴って、発展途上国から優秀な人材を労働の活力に起用する必要があります。今後、人材紹介サービスが海外に目を向けて、企業が欲しい人材の専門性を重視した紹介をしていくことが必要になります。

まとめ

人材業界は市場規模が大きく人気の高い業界ですが、今後は人口減少の問題や市場規模の縮小など、将来をしっかり考えておかなければなりません。人口減少によって労働者数が減っている為に、派遣業界が労働者を取り合うなどの競争が激化することが予想されます。人材業界は転換期にある為、少子高齢化、グローバル化、様々な課題クリアと解決策が必要です。人材業界が今後ますます注目されます。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。