人材業界ベンチャーに向いている人

人材ベンチャー企業

人材業界ベンチャーに関わらず、ベンチャー企業といわれる会社は、実力主義の傾向にある会社が多く見うけられます。ベンチャー(venture)は冒険的な意味合いも持ち合わせていることから、大きな会社ではできないような、独創的なサービスが提供できる強みもあります。そのような、人材業界ベンチャーに向いている人を見ていきましょう。

人材業界ベンチャーと大手の違い

創業から年数が経っていない人材業界ベンチャーに限らず、ベンチャー企業の場合は、職場の環境づくりからスタートする職場が多く、そのため、従業員にとっては組織体系を作り出すプロセスから学べることがあります。この環境は自分を試したい(チャレンジしたい)人にとっては、心地よい環境といえるでしょう。

人材業界ベンチャーに向いている人

人材業界ベンチャーに向いている人は、人と接すること、お世話をすることが好きで、主体的に学ぶ意欲があり、早期の成長を求めている人といえるでしょう。

人と接すること、お世話をすることが好き

人材業界ベンチャーに多い職種が、人材コーディネーターです。大手では「ここまで手が回らない」というような、ベンチャーならではの対応ができるところが評価されるポイントです。

そのような人材コーディネーターは、特に求職者との面談をする時間が多く、求職者からの「働き方」や、「スキルを活かしたい」などの要望を聞くことから始まり、「派遣先と合わない」といった悩み相談を受けることもあります。

人に深く関わっていく分、精神的なプレッシャーが大きくなる仕事ですので、気持ちの切り替えが上手くでき、求職者やクライアントの話しをよく聞き、マネジメントできる力が必要となってくるのです。

主体的に学ぶ意欲がある

人材業界ベンチャーでは、大手企業のように従業員を教育するシステムが確立されていない環境が大半です。指示されなければ何もしないようでは、周りに取り残されてしまいます。また、人を相手に仕事をするのですから、マニュアルというものも、確立されていなことがほとんどです。また、マニュアルがあったとしても、マニュアルに書かれていないことは、自分で考えて行動に移せない人は、仕事ができない人とみなされてしまいます。

早期の成長を求めている

人材業界ベンチャーでは、人を確保することが大手より厳しくなるため、雇用した人材は「即戦力」として扱われることもあります。

それをプレッシャーとせず、「結果を出したい」という意欲のある社員は、それに見合った仕事を振り当てられます。その仕事をこなすことができたら、さらに成長を促される仕事へとシフトしていきます。その結果、早期の成長が見込めるのです。

まとめ

少子高齢化に向かう日本において、働き手の減少は社会問題ともいえます。働き手のいない業界と、力を持った人とを繋ぎ合わせる人材業界に期待が集まっていますが、その中でも人材業界ベンチャーは、従来なかった新しい人材価値を創造していくことで、大きな注目を集めています。人材業界ベンチャーで活躍するには、チャレンジャーであることが必要不可欠といえるでしょう。

これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。