人材業界に今必要とされる資格やスキルとは

人材ベンチャー企業

人材業界でなくても、あらゆる業界で必要とされる資格があります。働く上で必要な資格やスキルは、今後の社会から必要とされている事が重要なポイントとなります。必要とする資格のあれこれを紹介しましょう。

今求められている資格

仕事に活かす資格とは、自分自身が欲しい資格と異なる場合もあります。新卒や再就職による採用には、資格が関わることもあります。例えば、人材業界が求めている資格は仕事に役立つ資格であったり、社会が求めている資格であったりするのです。これから、人材業界が求めている資格について紹介しましょう。

キャリアアドバイザーの仕事

キャリアアドバイザーとは、就職・転職を橋渡しする事や、アドバイスによって信頼関係を築いて、起業とマッチングを図る仕事です。そんなキャリアアドバイザーの資格には、キャリアコンサルタント資格などがあります。

1- キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタントとは、2016年に国家資格として認定された資格です。求職者へのアドバイスやその人物の適性を把握して、職業経験に対する提案をしていく仕事です。キャリによっては、その上の資格である「キャリア・コンサルティング技能士」を取得する事も可能です。今後は企業でも重要視される資格になります。

2- 心理カウンセラー
就職に際しては、周りの人間全てが競争相手となり、精神的に疲れたり悩んだりする事も考えられます。そのような人達の精神的な負担を軽くする為に、心理カウンセラーの役割は大きいです。心理カウンセリングのスキルを身につける事は、社内ばかりでなく社外に対してもアピールできる重要なスキルになります。仕事の上で、あらゆる分野で活躍が期待できます。

3- NLP=Natural Language Processing
人間心理とコミュニケーションに関する学問として、行動に関しても思考においても相手の事をより深く掘り下げて、診断する事を必要とする仕事です。主に、コミュニケーションを向上させる事を重要視しています。コミュニケーションは、会社の運営にも大きく役立つスキルであり、将来的に経営陣となるリーダー育成にも役立つ仕事なのです。

今後、求められるスキル

各分野に派遣する人材に必要とされるスキルが、どのようなものか考えてみましょう。
1- 自動車業界
3DCAD「CATIA V5」モデラーという設計や図面作成を行う仕事ですが、その育成と特定派遣事業として人材が必要となる為に、総合人材サービス業や専門エンジニアの技術スタッフの需要が高まります。自動車業界における設計から廃棄までの作業を一元化する取り組み
の中で、活躍できる人材が必要になります。

2-「SAP R/3」のスキル
「SAP R/3」はソフトウェアの1つですが、企業の経営資源(人や物、お金などの事)を有効に活用する為に、業務を全社で統合的に管理する為のソフトです。多くの企業での導入が見込まれている為、派遣スタッフのスキルが必要とされています。

まとめ

人材業界が求めている資格やスキルは、各分野でも必要とされている資格につながります。人材業界は、各企業が欲している人材に対応できるように、資格やスキルを研修や教育の一環と捉えているので、求められる資格やスキルが人材業界でも重要となるのです。

これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。