人材業界の動向~現状と将来性~

人材ベンチャー企業

人材業界は、学生(就活生)から人気が高いというイメージがある方も多いはずです。例えば「伸び盛りの企業が多くあるから」「成長できそうだから」というざっくりとした理由で志望する方もいるかも知れませんね。今回は、人材業界の動向を「現状」と「将来性」にまとめましたので、これからの業界研究に役立ててください。

人材業界の現状

今までの人材業界の各データを見て他の業界と比較すると「平均勤続年数がやや短い」という印象を受けます。

それは、さまざまな人の転職活動のサポートを行うことで、企業の求人情報を目にする機会が多くあることで、自分自身のキャリアや転職についても考える機会が多いのが理由かも知れません。

人材業界の平均年収は「524万円」となっており、ブライダル関係やアパレル関係と比較するとやや高い年収です。確かに不動産業界・銀行・自動車業界などに比べると低いという印象がありますが、今後の人材業界の発展によって挽回できる金額でしょう。

例えば、これから入社する新規卒業者や転職者により人材業界を今後発展させる力となったり、現場の環境を発想と方向転換で変えていくことで、人材業界の伸びしろを上げていくことが可能なのです。

人材業界の動向

人材業界の動向を「市場への対応力強化」「各業界企業の大きな変化」「グローバル人材のサービス強化」を通して詳しく見ていきましょう。これらの情報を元にして「人材業界の将来性」について考察していきます。

市場への対応力強化

人材業界は、社会の情勢(景気)、規則の緩和・強化などの変化を受けやすい業界です。人材業界の今後を左右するのは、急な変化があった際に「柔軟に対応できる力」といえます。

今後の人材業界は、さまざまな方面への対応力を強化していく(柔軟に対応していく)必要があります。

各業界企業の大きな変化

各業界企業の大きな変化といえるのは、リーマンショック後の「経営・派遣社員の受け入れ態勢」です。また、派遣法が改正されるという動きがあったため、従来の待遇・条件で派遣社員を受け入れることが困難になりました。

このことから、各業界企業の中で人材業界の活用を控えるという動きが起き、人材業界は、各業界の疑問・変化・不安を解消していくため、法律などを遵守した人材派遣の活用法を考え普及させていくことが必要です。

グローバル人材のサービス強化

人材業界=「景気の影響を受けやすい産業」です。そのため、好景気の場合は、各業界企業で人材不足になりやすく、人材業界が活躍することが多くなります。不況の場合は、各企業の採用数が減少=人材業界の業績・市場規模も落ち込みやすいです。

もし、日本の景気に左右されない経営を考えるのであれば、海外進出が重要なカギとなります。例えば、海外に現地法人を設置し、人材派遣業を海外で進めていくことで、日本の不況に影響されない安定した経営が可能になるといえます。

人材業界の将来性

人材業界は、リーマンショックの影響から立ち直り、業界規模を順調に広げており、大きな市場規模ということもあり、学生からの人気が高い業界です。しかし、今後再び日本の景気が急激に悪くなった場合、大きな打撃を受けることも考えられます。

人材業界は、このような問題に直面した際に、いかに柔軟に対応をしていくことができるのか、ということが人材業界企業の運命を左右しているといえるでしょう。大きな変化が起きた際に最善の選択を取れるように、課題・問題点を改善していく必要があります。

まとめ

人材業界の魅力は、多くの人と出会えることや、利用者のキャリアに関わることができること、利用者と長期的な関係を築けることなど多くあります。人材を紹介する企業など「出会う機会が多くある」のが人材業界の最大の魅力といってもいいです。

仕事に対する視野や人脈を広げていくことができることは、今後自身のキャリアアップにもなることでしょう。そのためにも、人材業界の動向を理解し対策を考えていくことは大切なことです。

これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。