人材業界にはどの様な適性が求められる?

人材ベンチャー企業

就活を行っている方が希望している業界に「人材業界」というのがありますが、「人材業界」が具体的に何を行っているのか分からず、漠然としたイメージしか持っていない方もいるかもしれません。ここでは、「人材業界」が実際に行っているサービスやそれに合った適性には、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

人材業界が行っている事とは?

「人材業界」の仕事内容を下記で紹介しましょう。

人材派遣

業務を遂行する人員を依頼してきた企業へ一定期間の間、派遣をする事です。

人材紹介

求人案件を持つ企業と求職者(個人)のエントリーを結びつける事です。

求人広告

求職者と人材を募集する企業をメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ)などで結ぶ事です。

人材コンサルティング

企業のニーズ別に採用戦略案を立てて、クライアント企業の課題解決案を考える事です。

人材業界で求められるスキルや適性

「人材業界」は新規開拓で営業を行う場合もある為、実際にお仕事を進めていくには様々なスキルも必要となります。では、実際に人材業界に必要になってくるスキルや適正をいくつか紹介していきましょう。

コミュニケーション能力

ビジネスにおいても重要となる「コミュニケーション能力」ですが、「人材業界」においては特に必要なスキルだと言えるでしょう。なぜなら、「人材業界」は常に人と関わりを持ち仕事を行なわないといけないからです。

傾聴力

簡単なようで、実は難しい「傾聴力」も必要なスキルです。「傾聴力」とは、単純に話を聞く事ではなく、積極的に話を聴くという姿勢が重要になってくるのです。

プレゼンテーション能力

コミュニケーションにおいて、自分の思っている事や伝えたいことを、相手にちゃんと理解してもらう必要があります。その「コミュニケーション」に必要なスキルの延長線上にあるのが「プレゼンテーション能力」です。自分や会社がアピールしたいことや伝えたいことを、相手に理解してもらい仕事に繋げていく能力です。

面接は自分の良さや能力をアピールする「プレゼンテーション」といえるでしょう。優秀であったとしても、それを限られた時間でアピールできなければ就職に繋がらないため、社会人にとって「プレゼンテーション能力」は重要なスキルと言えます。

マルチタスク能力

「人材業界」では、企業を数社担当しつつ複数の求人のオーダーをもらう為、同時進行で進める事が求められることがあります。その為、複数の作業を同時に並行して切り替えながら実行する「マルチタスク能力」が高い方は、「人材業界」で適性があると考えられるのです。

まとめ

「人材業界」において求められるスキルや適性のイメージが少しはわいたでしょうか。気になる企業があれば業界研究や事業内容を詳しく調べ、入社後に何が出来るのか等を具体的に考えることで、アピールポイントや就職後の自分の働いているイメージがわきやすくなるはずです。

人と企業の懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡をお待ちしております。