人材業界の特徴とは? ~想像と実際のギャップが起きないために~

人材ベンチャー企業

「人材業界」のビジネスの方法は、人材がほしい企業に対して必要とされる人材をマッチングさせるサービスです。今回は、「人材業界」の特徴とは何かくわしく見ていきましょう。

人材業界の大きな特徴

人材業界にはビジネスモデルとして、「人材派遣」・「人材紹介」・「人材コンサルティング」
・「求人メディア」と分けられます。これらの領域には、「特化型」と「総合型」がありそれぞれの領域で、たくさんの企業が事業展開しています。

「特化型」

特定の分野に強みがある企業で、高い専門性が特徴です。例えば、介護やIT関連など専門的な知識や技術 (資格など) をもっている人など。また、紹介の形態も特徴的で若い人の人材紹介に強みのある企業もあれば、紹介予定派遣のように正社員につながる派遣紹介に強みのある企業もあります。業界全体では、幅は広く企業ごとの違いが大きいことが特徴です。

「総合型」

特定の分野を持たず、幅広い分野で活躍しているのが特徴です。しかし、1つ1つの分野において強みがあり総合力の高い企業です。ほとんどが大手の企業が多く市場の規模もまたしかり。領域が広い分野ですが、多くは新卒の人が目指す分野に特化しています。例えば、商社、メーカー、サービス、金融、小売など新卒でも応募者が多数の分野は網羅しています。

「ビジネスモデル」

〇「人材派遣」
人材業界といえば、イメージとしてすぐ思い浮かぶのは「人材派遣」という方も多いのではないでしょうか。派遣の場合、雇用契約は派遣元との契約となり派遣先より支払われる料金の一部が派遣元の収益になり、そこから派遣社員の給料を支払います。すなわち、派遣元企業は派遣社員に仕事を提供し、派遣先企業には人材を提供するということです。

〇「人材紹介」
人材を紹介したい企業が求人募集を紹介会社に依頼し、条件にあった人材を紹介するのが
「人材紹介」です。雇用形態は正社員で企業と候補者の間で雇用契約が締結した際に、紹介料として料金が発生する仕組みになっています。また、人材紹介会社は厚生労働省の認可を受ける必要があり、認可がなければ営業することができません。最近は、求人に関するコストと労力を抑えるために、人材紹介会社を利用する企業が多くなっています。

〇「人材コンサルティング」
企業が必要としている人材を分析して、ニーズにあった人材を採用するために戦略を立てることです。企業全体をコンサルティングして、人事や組織の課題の解決に取り組みます。例えば、教育研修プログラムの提供やセミナーなどを主催したりします。

〇「求人メディア」
紙面やWEBサイトなどで、求人情報を提供することです。アルバイトや転職、就職活動など様々な求人情報を一覧にしてみることができることが特徴です。企業からすると、たくさんの人の目に留まるということがメリットの一つです。しかし、採用にならない場合でも広告掲載料が発生するということがデメリットになります。

まとめ

「人材業界」での就職を目指す学生さんの中には、漠然とした目標で志す方もいるかもしれません。「人に携わる仕事」と言っても、行う業務は多岐にわたります。多くの企業や人材を顧客として抱え、数十件の求人の案件を1人で担当することもあるのです。人材業界の具体的な仕事内容やビジネスモデルをよく理解し、検討しましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。