人材業界、営業の仕事内容

人材ベンチャー企業

人材業界で働くとした場合、事務所で働きながら登録した人たちのマネジメントや派遣先への営業といったお仕事も存在します。今回は、人材業界の仕事内容を詳しく見ていきましょう。

営業職の仕事とは

人材業界で働く方の中には、営業職として活躍される方もいます。仕事があっても人手が足りないといった会社があれば、その会社へ足を延ばして人材を提供するサービスのほか、新規に開拓するという意味では電話営業のほか、担当が直接現地へと赴いて飛び込みで営業をするといったことも業務の一つです。

仕事の内容

ここでは、営業の仕事内容について紹介しましょう。内容は大きく分けて4つ存在します。では、職務概要を見てみましょう。

広告を出す

私たちがインターネットなどを見るとき、たまに出てくるのが広告バナーというものです。このバナーの中には求人募集のサイトがアップされることがありますが、これはウェブ媒体を使った広告で、ネットを見ている方が興味をもってクリックし、アクセスしてもらうことが目的です。

それ以外にも紙媒体にも広告を出すことによって、求職者の方が実際に訪問してくれたりするきっかけを生む場となっています。

新卒採用

大学や専門学校などを卒業される方をサポートすることが目的の事業であり、人材を求める企業さんと学生さんの間に入り、就職するための架け橋として企業の人事担当との連携性を強めながら、求人を強化する事業です。しかし、営業力だけでは成功しにくい案件ですので、ここはコンサルティング力が要求される仕事の一つといえるでしょう。

中途採用

前述の新卒とは違い、大学や専門学校の卒業からある程度経過した方を対象とした採用事業です。中途採用での募集をします。求職されている方を人材として、クライアントへの就職を目的とした、いわば仲人のような役割を果たしています。

人材派遣

派遣スタッフをクライアント先へと送り込むことを目的とした仕事です。クライアント先へは人材を派遣させることによって、業務を効率よく進むことができることをプレゼンしつつも、その実現へ向けて交渉することや、派遣スタッフと会うことが多いため困ったことなどがあった場合のサポート体制をとることも、仕事の一つです。

まとめ

以上、人材業界における営業職の仕事内容について見てまいりましたが、前職が法人営業や人事担当で、人材業界へと転職したい方ならば前職での経験を活かしながら交渉をすることができるはずです。新卒の方も、人材業界に入った場合に自分がどのように働くのか、業界や希望する企業のことを知る必要があるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。