社会で一歩先をいく 人材業界の人気度

人材ベンチャー企業

経済的不景気が続く中で、人材業界はなぜか急成長で右肩上がりの職種になります。その傾向が就活生の就職の的、転職を考える方の希望の仕事として狙い目となり、これからもより求職者数が増えるであろうといわれている仕事とされています。

人気のきっかけ

現在、ビジネスとしても高水準をキープする人材業界に、多くの方が興味を持っています。
それを理由に、求職率の上昇から企業の利益までもが人材業界の魅力となって、人気を呼び込み、その地位を確立しています。

日本は少子高齢化などが原因となり、これからも働き手の人手不足が考えられます。そのため、派遣業は特に医療介護系の企業には数多くのニーズがあり、専門サイトが展開されています。これは1つの業種に限らず、多くの業界においても需要があるようです。

4つのビジネスモデル

〇人材派遣ビジネス
人材派遣とは企業が派遣元となり、登録されている求職者をクライアント会社に派遣するサービスです。登録者の管理や派遣先の企業へ紹介などを行い、仕事に就けるようサポートします。報酬は派遣された社員の労働時間に不随して、派遣先の企業から受け取ることが基本とされています。

〇人材紹介ビジネス
人材紹介とは、自社が運営する転職支援サービス、求人サイトを通じて企業に人材を紹介して、顧客となる企業と人材を結びつける(転職の仲介)を目的とした仕事となります。

近年は転職支援サービスの成長が著しく、人材業界側の企業が契約した企業を訪問し、書類では分からない情報、人材についてヒアリングが行われています。正社員採用が多く見られ、ミスマッチが少ない点が特徴とされます。紹介した人材が入社されると、報酬が得られることで利益を得ます。

〇求人広告ビジネス
求人広告とは正社員から契約社員、パート、アルバイトなど、多くの雇用形態の募集広告を販売するビジネスとなります。求職者と人材を募集したい企業を結びつける目的とされ、人材業界側の社員は広告検討の企業に出向き、人材のターゲット、発信のメッセージなどをどうするかなどの詳細を決め、広告を作製します。それを新聞、フリーペーパーへの掲載、特に近年ではスマホの普及によりWeb広告サイトの検索が増え、求職者へ情報提供ができるため、効果が期待できます

〇人材コンサルティング
人材コンサルティングとは、企業がたてる人事制度の構築、導入をサポートし、企業が抱える人事の課題に対して解決方法などを共に提案する仕事となります。

採用戦略を練る、人材の採用後の育成のため研修や育成を行う、人事制度に関するコンサルティングなど、業務は多岐にわたります。豊富な知識や経験を必要としますが、仕事を通し人とのつながりを深く感じられる仕事となります。

まとめ

不景気で仕事が不安定だからこそ、人材業界は仕事を求める人を中心に展開が拡大されているため、今の経済環境から人気の仕事となっているのです。この人気が安定、不人気になった時が日本経済は安定、好景気になるのかもしれませんね。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。