人材業界とは何か? ~向いている人はどんな人?~

人材ベンチャー企業

人材業界とは何か?と聞かれて、何となくはわかるけどきちんと説明できない人も多いのではないでしょうか。人材業界は、派遣会社からクライアントに人材を派遣するビジネスと、企業に人材を紹介することを主に仕事としている業界です。では、もっと詳しく書いていきましょう。

「人材業界の分類」

仕事内容は、「人材派遣」・「人材紹介」・「人材コンサルティング」・「人材広告」の4つになります。

①「人材紹介」
人材紹介は、転職サービスを通し人材を企業に紹介して、求人者と企業を結び付けるビジネスの事をいいます。企業へ、リクルーティングアドバイザーが訪問し、求人情報や求めている人物や採用計画などをヒアリングし求人票を作成します。

また、個人にはキャリアアドバイザーが求人者の希望する職や職歴をヒアリングし、リクルーティングアドバイザーと情報交換しながら選考したうえで紹介をするお仕事です。

②「人材派遣」
人材派遣は、派遣登録しているスタッフを企業に派遣するお仕事です。企業に対して、人材派遣の効果的な活用を提案するなど、営業を行うと同時にスタッフのサポートを行います。具体的には就業中のスタッフからの相談窓口となり、スキルアップ研修への参加を促すなどのお仕事です。

③「人材コンサルティング」
人材コンサルティングは、企業の経営戦略の一つである人事の立案、実行をサポートし人事の課題に対して解決方法を提案するお仕事です。採用戦略を錬る採用コンサルティング、社員の教育を行う教育コンサルティング、人事制度の設計などを行う人事コンサルティングなど様々なものがあります。

④「人材広告」
人材広告は、人材募集企業の課題に対してコンサルティングをし、その企業の人材募集に 1番あった求人広告を提案していきます。単に広告枠を売るだけでなく、人材募集企業の採用につなげるために募集記事の執筆を代行したり、文言のアドバイスやノウハウを提案するなどのお仕事です。

「人材業界の営業に合う人」

〇「人と話したりするのが苦にならない」
採用を検討する企業とのコミュニケーションが大切です。転職を検討する求人者や派遣スタッフなどに対しても親身になって、話しを聞くことができる人。

〇「自分が知らない職種を学び研究をする人」
あらゆる企業をクライアントするため、いろいろな業界のビジネスを理解していなければなりません。そのため、幅広い業界知識を学ぶ必要があります。

〇「あきらめない人」
人材業界の営業は、新規顧客を開拓するため電話のでのアポイントや飛び込み営業をします。しかし、営業を断られることもあります。一度、断られてもあきらめず根気強くアプローチし、次の営業活動に気持ちを切り替えるなど打たれ強く、あきらめない人。

まとめ

人材業界は対象となる企業が多いため、自分にあった能力を生かせる分野をみつけることが重要です。さらに、人材派遣会社によって得意とするジャンルもあるため、自分にあった会社をみつけることも大切になってきます。人材業界や希望する企業のことをよく知って、自分の進む道を決めましょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。