人材業界で活躍するには|ニュースを見るメリット

人材ベンチャー企業

人材業界はその時々の法律や、経済、社会情勢によって大きく変化していきます。多様化する働き方が代表的な例となりますが、そのような情報を知るためには常に時代の流れに合った情報を察知するスキルが必要となります。

ニュースとは

ニュースとは、社会で起きた日々の事件、珍しいできごと、新しい情報のうち、ジャーナリズムによって公表される情報で、社会的に大きな影響力を持つと思われたりする情報が選定され、公表されるものをいいます。

1990年代なかばから、マスメディアがインターネットを活用することで、これが次第に有力なニュース媒体となりますが、テレビや新聞を通しても受け取ることができます。

インプットの重要性

人材業界のみならず、社会で働く方にとって、考える力やコミュニケーション能力は重要なスキルといわれています。ただ、いくらそのようなスキルがあったとしても、インプットである情報の質が低いようでは、良いアウトプットができません。

特に人材業界で、営業職または、キャリアアドバイザーを担当する方は、採用ニーズのある企業の担当者や、面接に来られる求職者の方と直接コミュニケーションをとるポジションにあります。

話すことが多い職種となりますので、そのためにも、インプット(情報収集)をするこが重要となるのです。

ニュースの受け取り方

通信環境も整った現代社会は、情報に溢れた世界といえます。その中で、有益なニュースをラクに手にするのはテクニックが必要となってきます。そこで、おすすめしたいのが以下の方法です。

【Googleアラート】:知りたいキーワードを登録しておくだけで、関連ニュースが毎日メールやリーダーに届きます。

【スマートニュース】:メディアによるチャンネルも多数用意されているので、ニュースのジャンルを自分好みに編集することも可能です。

【グノシー】:使えば使うほど自分の興味のある記事を集めてくれます。

【News Picks】:ビジネスに関するニュースが豊富で、それぞれの記事にはコメントがついているのも特長です。専門家や業界の著名人などの意見も見ることができます。

【FacebookやTwitter】:SNSで業界人やメディアをフォローしておくことにより、随時タイムラインに流れてきます。

まとめ

ニュースを見ることは大事ですが、1日中ニュースを見ていては仕事になりません。そこで自分なりにルールを決めて、無理なく新鮮なニュースを仕入れるようにしましょう。よく社会人の方が取り入れている時間帯は、起きた時・朝の通勤中です。仕入れた情報は、職場やクライアントとの会話で活かすこともできるのです。

これから就活に挑む学生の皆さん、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。