人材業界マーケットの動向 ~将来性を見る市場の動き~

人材ベンチャー企業

人材紹介事業は、リーマン・ショック以降、世界同時に不況に突入し、求人の減少で業績は急落し、求人もストップすることになってしまいました。日本の雇用環境、経済再生、財政再建に関わる重要課題であり、それを人材業界はどのように利益を出し解決してきたのでしょうか。市場規模の動きの変化から、将来の人材紹介業の動向を探ってみていきましょう。

2018年度の人材紹介企業

人材関連サービスはこれまで景気や法規制により、ビジネスでは大きく変わってきた経緯があるが、現在議論されている働き方、単純労働分野への外国人労働者の受け入れ方向性がどのように示されているかによっても、将来の展望が大きく変化する可能性があるでしょう。

日本の消費市場の将来性の無さが、新たな成長市場である中国・アジアという紛れも無い事実に、これまで国内で活動してきた企業も気付き、グローバル化を真剣に考える企業も増えています。各市場は、前年度に比べプラス成長を確保しています。

国籍を問わず広く採用活動をするグローバル採用

2018年10月には、国内の外国人材は過去最高を更新しています。グローバルな人材事業の求人案件が、リーマン・ショック前と比べて非常に多くなっています。ですが、外国人の採用、定着における企業と外国人材の不釣り合いや、技能実習生の足取りがつかめなくなってしまったり、失踪者数が9,000名以上までのぼるなどの社会問題も多く見受けられていました。

そのため、外国人材を限られた期間だけの労働者として見込むだけではなく、企業の経営、人事戦略に基づいたグローバル採用に外国人材に関する意識改革とともに、企業の中ではグローバル人材育成を行っており、または委託する会社もあります。

これからも質の高い社会構造の成り立ちが必要となります。外国人材の価値ある雇用は、日本企業のグローバル経営、そしてグローバル人事戦略に貢献していくでしょう。

人材業界は最も学生にとって人気の高い業界

新卒採用のマーケットは縮小し、企業はより優秀な人材を採用できると思われがちだが、逆に難しくなり、計画された採用数だけでなく人材の質にもこだわりがでてきているため、大切な点や注意すべき欠点を取り上げそこから厳選な採用が進んでいます。
このため競争率も高いので、就職を目指していくのなら徹底的に業界の研究をして理解を深めることで選考を勝ち取りましょう。

業界研究では業界の現状や、これからの将来性も大変重要となってきますので、毎年志望される注目度の高い業界の特徴、現状、将来性などの理解を深めていきましょう。国のハローワークと民間企業人材紹介市場は大きく変化し続けています。

シニア、女性を対象とした人材業界の強化

日本は人口減少とともに、出生率までも低く労働人口が減少していますが、その中で、契約社員や派遣社員は全体の8%程度、その他アルバイトやパートタイマーが占めているのが現状です。

市場拡大を阻害する最大の要因として慢性的な人材不足があげられます。ネットでバイトを探す主婦は5割。派遣単発バイトなどの登録型の利用者も多く、学生、シニアを上回っています。

人材確保に向けて女性やシニアを対象とした事業者が増えている傾向もあります。こうした人材の働きやすいように、空いた時間に働ける時短就業が行える環境づくりを行うことによって、人材不足を補う動きがあります。

まとめ

国内の就労人口の減少が増加に転じる可能性は長期的にみても極めて低いことから、企業の求人意欲と人材会社の業績は回復しつつあります。しかし、厳しい基準での採用が定着していることから、高度で専門的な人材を求める企業側のニーズに応えられない人材会社は生き残れない時代になっているともいえます。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。