人材業界の業界研究・人材紹介業について

人材ベンチャー企業

就活生の就職活動や人材を求める企業の求人活動をサポートする業種は、総じて人材業界と位置づけられます。その中の一分野である人材紹介業、これはいったい、どのような形で求人・求職に関わっていくお仕事なのでしょうか。ご一緒に確認してまいりましょう。

人材紹介業とは?

例えば就活生など仕事を探している求職者と、新しい人材を求めている企業とをマッチングし、求職者には要望に添った勤め先を、企業には必要としている人材を勧めることが人材紹介業のお仕事です。

求職者を登録者として集めるとともに、求人している企業をクライアントとして集め、仕事を求める登録者にはクライアントの求人情報を提供し、クライアント側には要望に添う登録者を紹介する、といった方法でお互いに適合した職場および人材を探します。

そして晴れて採用となればクライアントから紹介料が支払われ、これが人材紹介業としての収益となるわけです。求職者と企業双方のニーズに応えていくものであるため、求職者の仕事探しをサポートするキャリアアドバイザーと、企業の人材探しをサポートするリクルーティングアドバイザーの二つの役割が存在します。

キャリアアドバイザーとは?

キャリアアドバイザーは、求職者のニーズに沿うことをメインに業務を行います。まず求職者に呼びかけ、人材紹介業として提供する求人紹介サービスを受けるための登録をしてもらうよう営業活動に取り掛かることが業務の初期段階です。

次に、登録した求職者について、どのような仕事に就きたいのか、希望する給与額や福利厚生の内容はどのようなものか、という要望に関して聞き取りを行います。それと並行して、求職者が持っているスキルや得意分野など、仕事に活かせそうな能力について洗い出していきます。

これらを明確化させてニーズに合う勤め先を紹介し、求職者が内定に至れば一件完了、といった業務の流れです。

リクルーティングアドバイザーとは?

リクルーティングアドバイザーの業務は主に、社員や従業員を採用したい企業側のサポートとなります。まず、人材を求める企業に、求人募集業務を請け負いますという主旨の営業活動を行うことが業務の第一段階です。

そして、依頼主すなわちクライアントとなった企業から、必要な人数と職種、人材に求めるスキル、給与や福利厚生などの雇用条件、などを聞き取り、これらに適合する人材をキャリアアドバイザーが募った登録者の中から選び出し、クライアントへ紹介します。紹介した登録者が採用されれば業務が一件完了となり、クライアントから紹介料が支払われます。

まとめ

以上のように、人材紹介業とは求職者と求人している企業のニーズをマッチングし、就職および採用へとつなげていく業種であること、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーという二つの役割があり、キャリアアドバイザーは求職者側のサポートを、リクルーティングアドバイザーは企業側の求人活動についてサポートを行うことを確認してきました。人の成長や組織の変化に携わる、やりがいのあるお仕事と言えるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。