人材業界を後押しする資格 ~キャリアアドバイザー~

人材ベンチャー企業

人材業界のお仕事には、営業、企画、エンジニア、人事などさまざまな分野がありますが、その中でも明確となる求職者の相談に応じ、就職へのアドバイス後押しをするキャリアアドバイザーの仕事になります。

キャリアアドバイザーの仕事

キャリアアドバイザーは仕事上、資格として必ず所持しておく必要はなく、どなたでもなることができる仕事です。しかし、会社によっては資格の有無を問われることもあります。

キャリアアドバイザーに関連する資格はいくつか存在し、その資格を取得しておくことで人材業界への就職・転職にとても役立つ事となります。そして、すでにキャリアアドバイザーの資格を取得し、働いている方にとってはスキルアップに繋がるので資格取得は考えておくべき点です。

キャリアアドバイザーとして必ず取得しておきたい資格を紹介しますので、検討をしてみてください。

【キャリアコンサルタント】
キャリアコンサルタントとは仕事内容として大学などの教育機関や人材紹介会社、人材派遣会社、企業などで仕事に関しする相談にアドバイスをするといった仕事を言います。

民間資格であったキャリアコンサルタントは、2016年4月厚生労働省により国家資格化となりました。そのため、職業開発に携わる方への国家資格の所得推進にもなっています。

資格として格上げされたこともあり、資格への影響も高まっています。そのため、キャリアコンサルタントの上位資格にあたる「キャリア・コンサルティング技能士」も存在します。技能の内容に応じ、1級と2級に区分され、1級「指導レベル」、2級「熟練レベル」となっており、これから重要視される資格と言えます。

【心理カウンセラー】
現代社会において、会社への負担、人間関係などのストレスから精神的悩みを抱え、ひきこもり、過剰な摂食、うつ病などになってしまう方も増えています。そんな方にただ仕事の紹介をすることはいけないことで、相手の気持ちに寄り添い会話をすることが大切なことです。

そんな時に役立てられる資格が心理カウンセラーとなります。心理カウンセリングの資格によりスキルを身に付けることで悩みを持っている方へ慎重な対応をし、仕事ストレスなどの改善からアドバイスへと促していく重要な資格です。

【NLP】
NLP(Natural Language Processing)とは、神経言語プロミラリングという人間心理とコミュニケーションに関する学問を指します。この心理学、言語学は仕事、人生、人間関係へ広く活用され、現在では驚異的な効果性を得るため、人材業界に取り入れられています。NLPは行動、思考を分析し相手とのコミュニケーション向上が目的とされています。

まとめ

資格として、まずはキャリアコンサルタント・心理カウンセラーを取得して、人材業界に資格所持者として慣れたころにスキルアップのために勉強していき、社会に役立つ存在になれるといいのではないでしょうか。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。