人材業界の営業マンとして活躍するには

人材ベンチャー企業

人材業界は人口減少によって働き手不足という状況もあることから、盛り上がりをみせる業界です。その業界のキーパーソンとなるのが「営業職」であることから、その業務内容はハードになりますが、働きがいのある職種となります。そのような、人材業界の営業職に求められる力とはどのようなものがあるのでしょうか。

人材業界の営業職はどのような仕事をするのか

現在の人材業界の市況では、仕事を求めている方々に対して求人数が圧倒的に不足していることから、人材業界の営業の仕事は人材を必要とするあらゆる企業への法人営業がメインとなります。

新規開拓営業は、法人企業に対する人材派遣の活用を含めた企画提案営業で、コンサルティング営業とも呼ばれます。最初は、仕事を覚える意味で新規開拓営業からはじめることが多いでしょう。担当顧客を持つようになった後は、ルートセールスの合間に新規開拓営業をおこなうことになります。

次に、既存先ルートセールスという仕事内容があります。これは、大きく分けて2つあり、1つは稼働中の派遣スタッフのフォローです。派遣スタッフの方たちの状況を確認したり相談にのったり、カウンセリング的な業務をします。

もう1つは、深耕提案です。これは、増員の提案やアウトソーシングの提案などを通じて売上の拡大を図るものです。

営業職は「即戦力」「求人開拓力」が求められ、飛び込みやテレアポ営業ということだけでなく、求人の依頼を獲得できる人脈があるかということも含まれます。

営業マンとしてのコツ

昔の飛び込み営業は、数を回り獲得することを良しとされていました。しかし、今の飛び込み営業では、どれだけ数を回ったかではなく、打率の良い営業が評価されるようになっています。そのためには、質の良い営業をすることです。

質の良い営業のかけかたとは、どのような準備が必要なのでしょうか。以下にまとめてみました。

〇 営業好調な企業をリストアップし、その企業の業績や方向性などを調査する。
〇 調査をもとに、「提案型営業」をおこなう。
〇 その企業の属する市場動向についても調査をおこなう。

このような調査をおこなうことで、どのような人材を欲しているのか、提案できる人材がいるかという振り分けができ、「提案型営業」をすることができます。

このように、事前調査をおこなうことで、飛び込み営業の負担も軽減できることになります。若手の社員などで、営業が辛いという方もいらっしゃるかもしれません。このようなコツを掴めていないことから、数を回っても結果につながらないことで、ただ辛い作業になってしまっているかもしれません。

先述したコツを掴むことで目的ややりがいがみつかり、効率的な仕事をこなせるかもしれません。

まとめ

これからも、人材業界は伸びていく業種となります。そのような業界で営業マンとして活躍していくには、手当たり次第に動くのではなく、事前調査をおこなうことが重要となります。お客様に喜ばれる営業マンになるためにも、「提案型」の営業ができるよう意識したいものです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。