人材業界にAIの活躍と領域について

人材ベンチャー企業

人材業界に限らず、様々な業種においてAIが導入されつつあります。人口の減少などによりその傾向が高くなっているようですが、今後10年の間でどのような社会へと塗り替えられていくのでしょうか?
今回はAIとの関係について紹介します。

できること

AIが実際に対応できることといえば、転職される方々のデータをインプット(記憶)する作業です。膨大なデータを一気に記録するといっても人間では時間がかかりますが、AIだと瞬時にできるため転職をする方の職歴やスキルに関する情報などを一つのデータとして残していくことができ、コストダウンにつながるわけです。

もう一つは求人を選定することで、互いが希望している職種や人材それぞれがマッチングしているかということです。多くの求人条件などをある程度絞り込み、そこから転職される方が実際に適している職種を選択することにより、相手の方に仕事を紹介していくという絞り込みの作業を行うことになるわけです。 
      

できないこと

それでは、逆に出来ないことを挙げてみましょう。創造性に関して人間は豊かですが、AIは機械そのものですので、あらかじめ入力したデータを中心に関連性の低いものやその紐づけ作業を行うことはさすがに出来ないので、結局は人間の出る幕となり、細かいことは人間が得意とする分野となることでしょう。

もう一つは、コミュニケーションで感情の共有や信頼関係を構築することなどといった人間の領域までに入ることができないため、AIが入り込むのはある一定の条件を満たす程度とされています。しかし、機械も改良していくもので「接客」などといった基本的なことがAIにとって代わられる時代となり、人間と遜色ないレベルに達するのはそう遠くないでしょう。

AIの時代、人間の時代

人間の出る幕がなくなるといわれかねない時代となったAIの進化ですが、すべての領域を明け渡すとした場合、私たち人間はどこで活躍すればよいのでしょうか。AIにある程度の仕事を任せるのは時代の流れでしょうが、これをすべて任せた場合、人間の能力低下になりかねないという危険性があり、時には安全に対する問題が浮上しかねないということです。

情報だってAIの判断次第では外部に流出する危険性はあるでしょうし、それらのリスクを軽減する意味でも人間の領域はある程度残しておくということです。

人材業界がやるべきこと

これから先における、人材業界が何をやるべきかということになりますが、既存の情報を活かすことを得意とするAIに対し、それ以外の情報を活かすことができるのは人間です。情報にないものを活かしながら仕事を紹介し、人材を確保することができるという点を活かして、転職者や事業者双方に時間を与えるべきでしょう。

また、信頼関係もさることながらAIにはない「人間味」そのものを活かしながら、運営していくことにより、これからの業界においての課題であるとともに、AIと上手に共存することがこれからの業界そのものの未来といえるでしょう。

まとめ

約10~20年先になるとAIに出番を奪われかねない職種も増えてくることでしょうが、人間の領域そのものがまだまだ必要とされるのでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。