人材業界の現状および市場規模と今後の展開

人材ベンチャー企業

これから社会に出ていく方の中には、「人材派遣業」に興味を待たれる方もいらっしゃるかと思います。この記事では、人材派遣業がどういったものか、その市場規模や今後の展望などについても、お伝えしていきたいと思います。

人と仕事をむすぶ人材派遣業について

人材派遣業は、仕事を求めている人(求職者)と人材を求めている企業のマッチングを図る企業であり、その内容は4つの柱からなります。

〇人材広告
このサービスは、おもにインターネットなどメディアを用い、求職情報を掲載しエントリーした求職者と企業を結ぶことを目的とした分野です。

〇人材コンサルティング
このサービスは、企業の抱える課題に対する解決策の提案や、人材募集戦略の立案を行う分野です。

〇人材紹介
このサービスは、必要な人材を求めている企業にエントリーしている求職者を紹介する分野です。

〇人材派遣
このサービスは、企業が必要としている事務スタッフや技術スタッフなど、その要望に対してエントリーしている適切と思われる人材を一定期間派遣する分野です。

これらは、特化型と総合型に分けられます。次の項ではその違いについてふれていきます。

派遣ビジネスの特化型と総合型

【特化型】
人材派遣業の特化型は、ある業種に特化した専門性の高い求人情報を取り扱っており、転職アドバイザーも専門的知識をもつ方が担当しているので、特定の業種に就職あるいは転職を希望している方には適しているといえます。

【総合型】
総合型はあらゆる業種の人材情報をもっており、業種に特にこだわりのない方であらゆる分野にチャレンジしてみたい方に適しているといえます。

次の項では、ベンチャー人材派遣企業に就職したい方向けに、業務内容などや活躍の場などについてふれていきたいと思います。

人材派遣業の業務内容

人材派遣企業の業務には、新規の派遣先企業の開拓、現在契約中の企業へのスキルニーズのヒアリングをはじめ、エントリーしている派遣スタッフへのフォーローアップも重要です。また、派遣スタッフに対しての各種セミナーや講習会の開催など、スキルアップにつながるフォローも行っています。さらに具体的な業務内容を見ていきましょう。

営業スタッフ

新規の企業の開拓や企業の人材ニーズに対して、企画や提案を行うコンサルティングも行います。

コーディネーター

派遣業の主軸となる「人と会社をつなぐ」業務で、各企業の人材ニーズに応じてエントリーしたスタッフの中から適した人材を紹介します。

アドバイザー

この業務は派遣するスタッフへのフォローとして、その方の希望やスキルにマッチした企業の紹介から、派遣先で業務がスムーズにでき、かつスキルアップできるようアドバイスしていきます。

※派遣企業によっては、営業スタッフが派遣スタッフへのアドバイスも兼ねるケースもあります。

人材派遣業の市場規模について

人材派遣業の市場規模は、2014年ころから上昇し2017年にはおよそ7兆円規模に拡大しています。この背景には、2020年に開催される予定のオリンピックに向けての、競技施設の整備から外国人受け入れのための観光業などで、人材の需要が高まっていることも要因の一つであり、さらに社計の働き方に対する意識の変化や、法改正・働き方改革なども要因となっていると思われます。

まとめ

人材業界への就職を希望する方には、市場規模は気になる点かと思いますが、ただ一つ言えることは、人材派遣業は時代の流れや景気に大きく左右されやすい業界のため、見通しが立てにくいともいえることです。そのため、社会情勢にも注目する必要があるのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。